JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ichinomiya-cptaに今すぐ質問する
ichinomiya-cpta
ichinomiya-cpta, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 105
経験:  昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
66374304
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
ichinomiya-cptaがオンラインで質問受付中

青色申告の個人事業主です。 事業の現金を持たないで、スタッフ給与などの経費以外はすべて事業主貸しで預金からひきだし

質問者の質問

青色申告の個人事業主です。
事業の現金を持たないで、スタッフ給与などの経費以外はすべて事業主貸しで預金からひきだしています。

それから経費などはすべて個人からの立て替え払い方式で、経費はすべて事業主借でしょりしています。

今決算書作成中なのですが、現金の科目がマイナスになってしまいました 、

原因は、スタッフの源泉徴収の支払いのときの科目が、

預り金/現金

になっているからだと思うのですが、現金科目を普段使わないので、源泉徴収の支払いを現金でやるとどーしても現金科目がマイナスです。

この場合、どうすれば現金科目のマイナスをなすすことができますか?

宜しくお願いいたします
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  suzukike01 返答済み 5 年 前.
ご質問ありがとうございます。

以下、ご回答です。

・経費支払いは全て事業主の個人口座、個人の現金から行っているため事業主借勘定を使用
・現金のマイナス残高は全て源泉徴収支払いによるもの

ということであれば、

現金のマイナス残高全額を、
事業主借に振替え、現金残高をゼロとしてください。


現金残高 △100

仕訳投入
借)現金 100 / 貸)事業主借 100

現金残高 0


なお、
可能であれば、今後は、
事業用に現金、預金口座を持ち、個人とはお金を区別して管理することをおすすめします。
入出金の仕訳が正しく投入できたかを確認するには、帳簿残高と実際の残高の一致を確認することが必要ですが、個人と一緒になっていると、それが甚だ困難です。

ご質問に対する回答として不明点があればご照会下さい。
この回答でよろしければ、ご承諾処理をお願いいたします。
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.

 個人で事業をしていて経理スタッフ等がいない場合には、みなさんどうしても個人の資金と事業用の資金を区別するのが難しいようです。

 ご質問の場合も同様だと思われます。

 このようなことを解消するためには、たとえば

  現金/事業主借 100,000円

というような仕訳をして、事業用の現金を別で管理することが必要です。

 ただ、ご質問の場合、預り金/現金、という仕訳を、預り金/事業主借、としても特に税務上は問題ありません。

 ただし、繰り返しになりますが、まずは事業用の資金とプライベートの資金をきちんと区別するようにすることが将来法人化するような場合も活きてきますし、今後の事業の発展には不可欠だと思います。

 以上、参考としてください。

税金 についての関連する質問