JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ichinomiya-cptaに今すぐ質問する
ichinomiya-cpta
ichinomiya-cpta, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 105
経験:  昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
66374304
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
ichinomiya-cptaがオンラインで質問受付中

お世話になります。 昨年父が他界し、父の積立式の金口座を相続しました。 その口座は解約し現金の収入となりましたの

解決済みの質問:

お世話になります。
昨年父が他界し、父の積立式の金口座を相続しました。
その口座は解約し現金の収入となりましたので、確定申告をすることになりました。
金等の申告は通常は売却価格から積立原資を引くと書いてありますが、相続した際も同様に処理するものなのでしょうか。
それとも売却価格から相続時の価格を引くものなのでしょうか。
お教えいただければ幸いです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.

 まずはお父様が亡くなられたことにお悔やみ申し上げます。

 

 結論を申し上げますと、お尋ねの場合は総合譲渡による所得となり、所得金額の計算は売却収入から積立原資を差し引き、さらに50万円の特別控除を差し引いた金額となります。

 要するに儲けが50万円以下であれば申告する必要はありません。

 また、この譲渡が長期譲渡(所有期間5年超)に該当すればさらに2分の1の金額に課税されることになります。

 いずれにしても譲渡所得の計算は複雑ですので、儲けが50万円を超える場合は、税理士又は税務署へご相談されることをお勧めします。

 以上、参考としてください。

 

ichinomiya-cptaをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問