JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
suzukike01に今すぐ質問する
suzukike01
suzukike01, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 6
経験:  公認会計士、税理士として会計事務所を開業しています。
64954966
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
suzukike01がオンラインで質問受付中

息子が塗装業の会社から個人でしている所に移ったのですが、確定申告などはどうすれば良いですか?辞めたのは、23年9月で

解決済みの質問:

息子が塗装業の会社から個人でしている所に移ったのですが、確定申告などはどうすれば良いですか?辞めたのは、23年9月です。                            24年度の申告をするにあたり、何が必要ですか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  suzukike01 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。

 

ご回答の前に、

いくつか教えていただけますでしょうか。

 

・「確定申告などは」とは、

 息子様の所得の確定申告、ということでよろしいでしょうか。

 

・「個人でしている所に移った」とは、

 個人事業主として経営している会社に「従業員」として雇われているのでしょうか、それとも息子様も個人事業主になられて「個人でしている所」から仕事を請け負っているのでしょうか。(前者ですと給与所得者として、後者ですと事業所得者としてご回答します)

 

・9月にお辞めになった際に、退職金は支給されましたでしょうか。支給されていれば、「退職所得の源泉徴収票」といった書類があると思いますが、そこに記載されている源泉徴収額の欄は0円ないし空欄でしょうか。

質問者: 返答済み 5 年 前.

所得の確定申告です。

個人事業主が経営している会社の従業員で雇われているのでは無く、何処にも所属していませんが、給与は、一諸に働いてく人から、貰っています。

前の会社からは、退職金は貰っていませんし、源泉微収票は貰ってないとおもいます。

 

専門家:  suzukike01 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。

 

平成23年度の申告にあたって、

2つの場合が考えられますので、両方記載します。

息子様にご確認下さい。

 

①一緒に働いている方からもらっているお金が、

 アルバイトに対する給与である場合で、年末調整されていない場合

 =息子様が一緒に働いている方から「給与明細書」を受け取っていると思われます。

 

 ・平成23年1月~9月の「給与所得の源泉徴収票」を辞めた会社から入手します。

  (辞めた時に受け取っていないのであれば、連絡すれば発行してもらえるはずです)

  →「給与所得」として申告します。

 

 ・辞めた後のアルバイト収入についても「給与所得」になり、給与明細や通帳の振込履歴だけでは、確定申告には書類が足りませんので、源泉徴収票をアルバイト先からもらいます。

 (源泉徴収票は2ヶ月以上勤務するアルバイトに対して、金額の多少に関わらず、原則として発行が義務付けられています。 )

  →「給与所得」として申告します。

 

 

 

 ②一緒に働いている方からもらっているお金が、

 塗装を委託したことに対する報酬である場合

 =息子様が一緒に働いている方から「支払明細書」を受け取っていると思われます。

 

  ・平成23年1月~9月の「給与所得の源泉徴収票」を辞めた会社から入手します。

  (辞めた時に受け取っていないのであれば、連絡すれば発行してもらえるはずです)

  →「給与所得」として申告します(①と同じ)

 

  ・辞めた後の収入が「報酬」である場合、「事業所得」となりますので、速やかに「個人事業の開廃業等届出書」を納税地(通常はお住まいの住所)を管轄する税務署に提出します。

  ・辞めた後の収入について白色申告に必要な「収支内訳書」を作成します。

  →「収支内訳書」に基づき「事業所得」として申告します。

 

   ※確定申告期限が迫っていることから、青色申告は選択せず白色申告するものとして回答しています。所定の手続をすれば青色申告も可能ですが、ここでは詳細は省略します。必要であれば、別の質問として新たに「専門家に質問」処理して下さい。

 

以上です。

ご質問への回答として不明確な点があればご紹会下さい。

この回答でよろしければ承諾処理をお願い致します。

suzukike01をはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問