JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
suzukike01に今すぐ質問する
suzukike01
suzukike01, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 6
経験:  公認会計士、税理士として会計事務所を開業しています。
64954966
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
suzukike01がオンラインで質問受付中

会社員で働いているのですが、会社で働いている分は源泉徴収でおこなっています。別でアルバイトをしていてその収入分のみ確

解決済みの質問:

会社員で働いているのですが、会社で働いている分は源泉徴収でおこなっています。別でアルバイトをしていてその収入分のみ確定申告すればよいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  suzukike01 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。

 

下記の「確定申告が必要な方」に該当するのでしたら、

会社員として働いていらっしゃる分も含めて確定申告します。

 

 

給与所得者の方で確定申告が必要な方は、

 ①1年間の給与の収入金額が2,000万円を超える場合

 ②年金や地代収入があり、これら所得の合計が年間20万円超の場合

 ③給与を2か所以上から受けていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と給与所得や退職所得以外の各種の所得金額との合計額が20万円を超える場合

 ④年末調整がされなかった場合

が挙げられます。

どれかに該当する場合には、会社員として働いていらっしゃる分も含めて、確定申告する必要があります

(ご質問者様は③に該当する可能性があるのではないかと想像します)

 

ただし、

①給与所得の収入金額(会社員分とアルバイト分両方の合計)から、雑損控除、医療費控除、寄附金控除、基礎控除以外の各所得控除の合計額を差し引いた金額が150万円以下で、

かつ、

②会社員分とアルバイト分のほかにもまだ別に収入があり、その収入に係る所得の合計額が20万円以下

であるならば、

申告の必要はありません。

 

以上です。

 

ご質問に対する回答として不明確でしたらご照会下さい。

このご回答でよろしければ承諾処理をお願い致します。

 

※ご質問の内容を拡大するような追加のご質問(確定申告書の書き方等)については、別途新たな質問として「専門家に送信」処理を行ってください。この回答への返信として、ご質問の内容を拡大するような追加のご質問をいただいてもご回答いたしかねます。

suzukike01をはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問