JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ichinomiya-cptaに今すぐ質問する
ichinomiya-cpta
ichinomiya-cpta, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 105
経験:  昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
66374304
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
ichinomiya-cptaがオンラインで質問受付中

はじめまして。お世話になります。 67歳、年金受給者、無職の父が昨年10月に癌の為、亡くなりました。 わたくしは

解決済みの質問:

はじめまして。お世話になります。
67歳、年金受給者、無職の父が昨年10月に癌の為、亡くなりました。
わたくしは長男で、現在、残された母と実家にて生活をしております。
基本的な質問にて大変恐縮ですが、父は確定申告の必要がありますでしょうか?
また、母が友人から、父の確定申告をすれば、医療費が帰ってくると聞いたそうなのですが、どうでしょうか?(実際の入院費・医療費は保険でカバーされていました)
お忙しいところ、すみませんが、どうぞよろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.

 まずはお父様が亡くなられたこと、お悔やみ申し上げます。

 

 ご質問の、「お父様の確定申告が必要か」についてですが、一般的には亡くなってから4か月以内に法定相続人の方が「準確定申告」を税務署へ提出することになります。

 当然、お父様に年金以外の所得があればそれらも併せて申告することのなります。

 その結果、たとえばお父様の年金から源泉所得税が差し引かれている場合にはその一部または全額が還付される場合もありますし、追加で納めなければならない場合もあります。これは、受給していた年金の額やその他の所得状況によって違ってきます。

 また医療費については、一定額以上支払った場合に「医療費控除」を受けられる場合もありますが、この支払った額を計算する場合に受け取った保険金額等を差し引くことになっていますので、ご質問のように「保険でカバーされてる」ということであれば「医療費こ控除」は受けられないことになります。

 いずれにしても、4か月の期限は過ぎているようですが、年金の源泉徴収票等を持って、税理士又は税務署で相談されてはいかがでしょうか。

 以上、参考としてください。

ichinomiya-cptaをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問