JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, ファイナンシャルプランナー、CFP
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 638
経験:  2006年CFPの資格取得
61975128
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

25年勤続した,企業を5年前に退職しました。 昨年 3月に60歳となり同年4月より,厚生年金及び企業の年金基金から年金の支給が開始されています。 また,別に企業の年金基金から

解決済みの質問:

25年勤続した,企業を5年前に退職しました。 昨年 3月に60歳となり同年4月より,厚生年金及び企業の年金基金から年金の支給が開始されています。

また,別に企業の年金基金から,年金以外に脱退一時金として 4月に「290万円」が 一括支給されました。この一時金はどのような所得になるのでしょうか。また 課税の対象になるなら,金額等の算出方法をお教え願います。
長野県在住 平野
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
企業年金基金から退職した結果として脱退一時金を受けた場合は退職所得となります。
退職所得に関し ては、年金などの所得とは分けて申告する分離課税となっています。

退職所得の計算は、(退職金等収入金額-退職所得控除額)×1/2で計算されます。
退職所得控除は勤続年数によって控除額が増加し20年までは40万円×勤続年数、20年超については70万円×(勤続年数-20年)+800万円として計算します。

会社に「退職所得の受給に関する申告書」を提出されているのであれば会社が所得税の計算をして源泉徴収済みとなります。そのため原則として確定申告の必要はありません。
takatsukasaをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問