JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, ファイナンシャルプランナー、CFP
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 638
経験:  2006年CFPの資格取得
61975128
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

初めてご相談致します。親友が病気で一昨年末に退職したため、私が経済的な補助をしております。金額は月10万円で

解決済みの質問:

初めてご相談致します。
親友が病気で一昨年末に退職したため、私が経済的な補助をしております。
金額は月10万円です。
この場合、この友人はどのような納税申告を行なえばよいのでしょうか。
友人は贈与を受けたとして贈与税の申告が必要なのかな、とも考えましたが、
よくわかりませんでした。
お忙しいところ恐縮に存じますが、ご教示くだされば幸いに存じます。
何卒よろしくお願い申し上げます。
神奈川県/渡辺

追伸
補助は昨年1月から行なっております。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
贈与税とは、1月1日から12月31日までの1年間に個人から財産を受け取った際にかかる税金です。
贈与税の計算には基礎控除額が110万円ありますから、贈与税の計算の際には1年間に受け取った財産から基礎控除110万円を差し引いた残りに対して(ご質問のケースでは10万円対して10%)贈与税がかかります。(納税はあくまでも、本人が自主的に自己申告で行うものとされています。)
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答いただきありがとう存じました。

確認ですが、本件の場合の納税申告は贈与税として行なうことで差し支えない、というりかいでよろしいでしょうか。

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
はい贈与税に当たります。
takatsukasaをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問