JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, ファイナンシャルプランナー、CFP
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 638
経験:  2006年CFPの資格取得
61975128
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

初めまして。よろしくお願いいたします。 42歳女性です。 結婚しており、19歳(この4月から自宅外大学生にな

解決済みの質問:

初めまして。よろしくお願いいたします。

42歳女性です。
結婚しており、19歳(この4月から自宅外大学生になる予定)、 15歳、13歳、9歳の子供がいます。
夫は年収1400万円ほどで、昨年度までは4人の子供すべてを夫の扶養家族としていました。
私は、平成22年度は年収960万円の収入でしたが、平成23年4月に転職し、平成23年度は年収1300万円ほどになることがわかりました。平成23年度の夫の収入は前年度と同様のようです。
4人の子供の扶養を夫と分担したほうがいいのではないかと思うのですが、どのように分担したらよいでしょうか?
扶養家族変更の手続きを教えて下さい。
因みに、夫も私も複数個所からの収入があり、かつ住宅取得控除を受けて7年経ちますので、毎年確定申告に行っております。

お忙しいところを申し訳ありません。何卒よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
お子さんの扶養については、平成23年から扶養控除の対象が変更になっています。
一般の扶養親族のうち、年齢が16歳未満の者に対する扶養控除が廃止されています。

そのため控除対象扶養親族となれるのは、その年の12月31日現在の年齢で16歳以上となります。
お子さんのうち19歳のお子さんだけが控除対象扶養親族となることが出来ます。

税金面を考慮すると収入が多い方が扶養とされることがいいでしょう。
扶養家族の変更については、会社の給与計算をされている部署に申告なさってください。
takatsukasaをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問