JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 税理士,弁護士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 818
経験:  税理士,弁護士です。
60911264
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

お世話になります。 小生、会社員(一般職)でございます。 父 75歳が以前より①年金、②土地貸与からの収

解決済みの質問:

お世話になります。

小生、会社員(一般職)でございます。

父 75歳が以前より①年金、②土地貸与からの収入、③アパート経営からの収入を合算申告しておりました。

このうち、23年度分から②、③を分離し小生が管理、申告する方向で考えております。

この場合、②、③に関する入金口座は父の名義となっておりますが、申告者が小生の場合に
何らか税法上必要な手続きはありますか。

例:
事前に税務署にて申告者変更届けをする。
賃貸借契約書や収入口座等を父から小生に変更する。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.

弁護士のbengoshimailmeです。はじめまして。ご質問の文面から窺える事情に基づき,回答致します。回答には細心の注意を払っておりますが,できるだけ早く回答しようともしているため,単なる法律用語などは,説明なく用いる場合もあります。ご存じない専門用語は,Googleなどで検索なさって下さい。

1.税務申告をするということは,「私の所得はこれだけありました。私が税金を納めます」という,税務署に対する一種の意思表示ですから,あなたはあなたの所得として不動産所得を申告なさることになり,またあなたがそれに関する納税義務者として納税することになります。

 そのアパートに関する不動産所得は,前年度まではお父様のものであったことが税務署において明らかで,前年度まではあなたのものではなかったことも税務署において明らかな事項ですから,今回からあなたが申告・納税するということは,お父様とあなたとの間でアパートの贈与ないし,賃料債権の譲渡があったとみられることになります。

 ですから,その贈与についての処理をなさっておかれる必要があると思います。贈与の事実を申告する(贈与税が発生します),生前贈与として,相続時精算課税の選択をする(2,500万円まで)などをなさって下さい。

2.お父様が確定申告ができる状態にないからお父様に(事実上)代わって,お父様として申告する,というのでしたら,アパートだけでなく,年金,土地貸借の地代といった所得についても申告するのでなければいけませんし,あなたの名前でではなく,お父様の名前で申告する必要があります。


bengoshimailmeをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問