JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 税理士,弁護士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 818
経験:  税理士,弁護士です。
60911264
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

昨年、養老保険満期1080万の支払いがあり、生命保険会社から確定申告の申告手続きのハガキが届きました。税務署で手続を

解決済みの質問:

昨年、養老保険満期1080万の支払いがあり、生命保険会社から確定申告の申告手続きのハガキが 届きました。税務署で手続をして約50万の納税という事でした。
しかし、保険満期に伴いそのまま500万と200万の現金払いの年金保険に加入をしました。
最終的には、私の手元には、380万の残金になるんですが、生命保険からの申告手続きが当初の
支払い額1080万のままの金額での申告ハガキだったので税務署での所得税の計算で50万の納税
と計算されましたが、これって正しいのでしょうか?
最終的には380万の計算の申告手続きでいいのではないでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士のbengoshimailmeです。はじめまして。ご質問の文面から窺える事情に基づき,回答致します。
回答には細心の注意を払っておりますが,できるだけ早く回答しようともしているため,
単なる法律用語などは,説明なく用いる場合もあります。
ご存じない専門用語は,Googleなどで検索なさって下さい。

一旦満期を迎えて支払を得た保険金は,支払があった時点で
所得があったことになりますので,支払われた金額での確定申告が必要ですね。

その後に支払金の中から,別の生命保険に加入して保険料を支払ったとしても,
その分所得がなかったということにはなりません。
(保険ということでお金がつながっているから,保険自体に連続性があるように
お感じなのだろうと思います。ですが新規加入した生命保険は,前の養老保険の
保険金の支払いがあった=所得があったから,そのお金で保険料を払い込み,加入
できたわけですから,養老保険での所得があったことは,生保の保険料分として
払い込んだ分も含めるべきということになる…というのが説明になると思います。
お金は使えばなくなりますが,なくなった残金をもとに確定申告すればよいと
いうことになると,確定申告までに使った人ほど申告額が少なくなりますね。
1,080万円の支払の後,退職金で700万円得て,それを新規の生命保険
加入に使った場合,1,080万円を確定申告時の所得に算入するのは,1,080万円が
手付かずだから,という理由ではないですよね)

bengoshimailmeをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問