JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, ファイナンシャルプランナー、CFP
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 638
経験:  2006年CFPの資格取得
61975128
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

昨年の七月末に妻が亡くなりました.それで死亡保険金と退職金が出ましたが、これの申告はどうなりますか。 私は現在五十九

解決済みの質問:

昨年の七月末に妻が亡くなりました.それで死亡保険金と退職金が出ましたが、これの申告はどうなりますか。 私は現在五十九歳、障碍者一級で障碍者厚生年金を受けています。四条畷市在住 青山
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
死亡保険金とありますが、これは保険料を奥様が負担されていたものということでよろしいでしょうか。また、退職金とありますが、これは働いておられた奥様が亡くなったことによって奥様に支給された退職金ということでよろしいでしょうか。

上記のものであれば、いずれも相続税の対象となります。
退職金についても、死亡保険金についても非課税となる額が法定相続人1人につき500万円まで認められています。

そのため仮に法定相続人が貴殿のみであれば、それぞれ受け取った額が500万円以下であれば、非課税財産となり、申告の必要はありません。
takatsukasaをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問