JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 税理士,弁護士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 818
経験:  税理士,弁護士です。
60911264
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

確定申告の決算書作成の固定資産について

解決済みの質問:

確定申告の決算書作成の固定資産についてですが、相続において得た賃貸物件の所得価額及び耐用年数はどのように算出されますか? 相続前の未償却残高を取得価額とし取得年月日から試用期間を引いたものを耐用年数とするのか、取得価額をそ のまま耐用年数も引き続き同じ年数で償却の基礎になる金額を去年申請した未償却残高にするのでしょうか。または、相続に関して使う物件の価格(固定資産の評価額)などの別の金額となるのでしょうか。  少し本筋と離れますが固定資産の耐用年数を調べる良い方法も合わせて教えてもらえると助かります。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。こんばんは。

1.「相続において得た賃貸物件の所得価額及び耐用年数はどのように算出されますか?」
→「取得価額をそのまま耐用年数も引き続き同じ年数で償却の基礎になる金額を去年申請した未償却残高にする」です。国税庁ウェブサイト平成19年4月1日以後に相続により減価償却資産を取得した場合 …参照。また,アパート等の貸家の評価参照。さらに,場合により,相続した事業の用や居住の用の宅地等の価額の特例(小規模宅地等の特例)

2.固定資産の耐用年数を調べる良い方法,について。
→ 耐用年数自体は,財務省令の別表をご覧下さい。リンク先ページの後半の表が左にいう「別表」です。
 計算方法については,国税庁ウェブサイトのアパートや貸家の賃貸収入がある人から,減価償却のあらましに進まれると,わかりやすいと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

大変参考になりありがとうございました。

追加の情報で下記にあげる例はどうなりますか?

 

親から平成22年11月にマンションの1室を相続しました。マンション及び付帯設備等の取得価格は次のとうりですが平成23年分の確定申告における減価償却の額はいくらでしょうか。

 

 1.(A)物件取得年月日  :平成6年8月

   (B)物件の付帯設備  :同上

   (C)物件のユニットバス :平成8年4月

 

 2.取得価額

   (A) 10,000,000円

   (B)  1,000,000円

   (C)    300,000円  

 3.法定耐用年数(22年度)

   (A) 47年(償却率0.048)

   (B) 15年(0.142)

   (C) 15年(0.142)

 4.未償却額

   (A)  3,500,000円

   (B)    300,000円

   (C)     30,000円

以上は端数を省略しましたが税理士の方が確定申告していた内容です。

質問者: 返答済み 5 年 前.

大変参考になりありがとうございました。

追加の情報で下記にあげる例はどうなりますか?

 

親から平成22年11月にマンションの1室を相続しました。マンション及び付帯設備等の取得価格は次のとうりですが平成23年分の確定申告における減価償却の額はいくらでしょうか。

 

 1.(A)物件取得年月日  :平成6年8月

   (B)物件の付帯設備  :同上

   (C)物件のユニットバス :平成8年4月

 

 2.取得価額

   (A) 10,000,000円

   (B)  1,000,000円

   (C)    300,000円  

 3.法定耐用年数(22年度)

   (A) 47年(償却率0.048)

   (B) 15年(0.142)

   (C) 15年(0.142)

 4.未償却額

   (A)  3,500,000円

   (B)    300,000円

   (C)     30,000円

以上は端数を省略しましたが税理士の方が確定申告していた内容です。

質問者: 返答済み 5 年 前.

大変参考になりありがとうございました。

追加の情報で下記にあげる例はどうなりますか?

 

親から平成22年11月にマンションの1室を相続しました。マンション及び付帯設備等の取得価格は次のとうりですが平成23年分の確定申告における減価償却の額はいくらでしょうか。

 

 1.(A)物件取得年月日  :平成6年8月

   (B)物件の付帯設備  :同上

   (C)物件のユニットバス :平成8年4月

 

 2.取得価額

   (A) 10,000,000円

   (B)  1,000,000円

   (C)    300,000円  

 3.法定耐用年数(22年度)

   (A) 47年(償却率0.048)

   (B) 15年(0.142)

   (C) 15年(0.142)

 4.未償却額

   (A)  3,500,000円

   (B)    300,000円

   (C)     30,000円

以上は端数を省略しましたが税理士の方が確定申告していた内容です。

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.

JustAnswerは,このサイトの使い方について,JustAnswer のしくみというページで説明しており,そこでは,

返信機能は専門家からの回答内容に疑問や不明点がある場合にご利用ください

とされています(我々専門家もサイトのルールに拘束されます)。

私は,当初のご質問には必要十分な回答をしたつもりなのですが,前述の回答に疑問か不明点がおありでしたでしょうか?

bengoshimailmeをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問