JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 税理士,弁護士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 818
経験:  税理士,弁護士です。
60911264
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

確定申告が必要ですが今年は状況が違うので相談させて頂きます。医療法人の連帯保証人がらみで昨年8月自己破産に追い込まれ

解決済みの質問:

確定申告が必要ですが今年は状況が違うので相談させて頂きます。医療法人の連帯保証人がらみで昨年8月自己破産に追い込まれました。医療法人自体は現在も細々と営業中ですが近い内に自己破産予定です。自己破産後の状態で以下の3点について教えて下さい。
1. 自己破産成立以前(昨年5月)に不動産を売却し負債の返済に充てました。売却益はすべて不動産屋から直接 債権者(銀行)に払われ、私には1円も入っていません。売却益は私の収入と見なされるので確定申告時に納 税の免除のため手続きが必要と医療法人から連絡してきましたが本当なのでしょうか。医療法人に対して 求償権があるのでしょうか。
2.破産手続きの中で預貯金、積立金を取られました。この損失は申告時には考慮されないのでしょうか。
3.確定申告の書類作成が面倒であれば税理士に頼むことも考えています。その際どのくらいの費用が必要に なるのでしょうか。  以上、よろしくお願い申し上げます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。こんばんは。はじめまして。

1.そうですね。そのとおりと思います。ただ,この点に関しては,税務署にお尋ねになられることをお勧めしますよ。尋ねるだけでどうにかされるということはありませんからご安心下さい。

2.払わなければならなかったお金を支払った,ということになるのでしょうから(自己破産とは関係なく),支出として計上できると思います。

3.税理士さんに依頼するとすれば,規模にもよりますが,通常,10万円から20万円くらいのことが多いというのが私の感触です。

以上です。
たいへんでしょうけれど,もうすぐ楽になるのでしょうから,がんばってください。陰ながら応援しています。
bengoshimailmeをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問