JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 税理士,弁護士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 818
経験:  税理士,弁護士です。
60911264
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

2011年7月20日に、定年退職いたしました。 退職前から、中国へ駐在しており、退職後は引き続き現地採用として雇用

解決済みの質問:

2011年7月20日に、定年退職いたしました。
退職前から、中国へ駐在しており、退職後は引き続き現地採用として雇用していただいていますが、
退職金にかかわる税金で、確定申告で還付を受けられるどのように申告すればよいでしょうか?
ご教示お願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。こんにちは。はじめまして。
退職手当等の支払の際に「退職所得の受給に関する申告書」を提出している方の場合は、退職手当等の支払者が所得税額を計算し、その退職 手当等の支払の際、所得税の源泉徴収が行われるため、原則として確定申告は必要ありません。
一方、「退職所得の受給に関する申告書」の提出がなかった方の場合は、退職手当等の支払金額の20%が源泉徴収されますが、退職所得の受給者本人が確定申告を行うことにより税額の精算をします。 確定申告の仕方については、「どのように」ということはとくにあるわけではないので、国税庁のウェブサイト、 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm をご覧になって申告なさって下さい。インターネットからでも確定申告をすることができますよ(インターネット窓口 http://www.e-tax.nta.go.jp/ )。
bengoshimailmeをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問