JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
07kazunに今すぐ質問する
07kazun
07kazun, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 24
経験:  大手監査法人退職後、独立開業中。
61937989
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
07kazunがオンラインで質問受付中

住宅ローン減税について質問です。 平成20年3月に住宅(マンション)を取得しましたが、 仕事が忙しく、住宅ロ

解決済みの質問:

住宅ローン減税について質問です。

平成20年3月に住宅(マンション)を取得しましたが、
仕事が忙しく、住宅ローン控除の手続きができず今に至っています。

2つ質問があります。
・条件の中に床面積が50㎡以上とありますが、売買契約書には
 登記簿面積・・・310.64㎡ 占有面積・・・44.8㎡  バルコニー・・・7.59㎡とあります。
 この場合は、対象となるのでしょうか?
・残高証明書が平成23年末時点のものだけで、過去の分をさかのぼっていただけるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  07kazun 返答済み 5 年 前.

こんにちわ。公認会計士・税理士の07kazunと申します。この度は、ご投稿ありがとうございました。回答は下記のとおりです。何か不明な点等ございましたなら、お気軽にご返信ください。では、失礼いたします。

 

 

住宅ローン減税の50㎡は登記簿上の面積で、マンションの場合には専有部分に限られます。占有面積44.8㎡は要件を満たしていないこととなります。また、バルコニーは共有部分であり、専有部分にはカウントされません。なお、住宅ローン減税は過去に遡って適用を受ける(更正の請求手続き)ことができます。過去の残高証明書が入手できない場合には、代替書類(返済計画表他)で対応することになるでしょう。

いずれにしても、50㎡の要件をクリア-できないのでは、話が先へ進みません。契約書のみでなく、登記簿謄本の専有面積も再確認して下さい。また、登記簿謄本を税務署へ持参し、直接相談して見て下さい。早めに結論を定め、次善の策を検討する方がよいでしょう。では、失礼いたします。

07kazunをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問