JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 税理士,弁護士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 818
経験:  税理士,弁護士です。
60911264
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

宜しくお願い致します。 私は、主人の母に結婚を反対され秘密に入籍をしました。 現在は、私も働いており社会保険です

解決済みの質問:

宜しくお願い致しま す。
私は、主人の母に結婚を反対され秘密に入籍をしました。
現在は、私も働いており社会保険です。
また、住民票は実家の町に置いてます。
主人は、主人の実家の町に住民票を…実は、義母はお金の管理は自分でしたいらしく
主人の給料も一度、義母が手に取り主人の別の口座に入金をしています。
今は、義母とは離れて住んでいますし…これからも主人の仕事上、一緒に住むことはないのですが
これから、私が妊娠し仕事を辞めたとき税金関係がどうなるのでしょうか?
どうすれば、義母に知られないように生活できるのか不安です。
何か、良いアドバイスがあれば教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。こんにちは。はじめまして。

1.まずは,できれば入籍の事実を知られたくないわけですね。
・日常生活においては,住民票を別にして,税金も別にしていれば(配偶者控除とかも受けずに),ご主人のご実家に届く郵便物などからばれるということはないと思います。(たぶんそのようなお姑さんは当然のように実家に届いた息子の郵便物を開封して見るでしょうから…しかしながら,お金の管理を自分でしたいからといって,ご主人の会社から振り込まれた給料を,別の口座にお姑さんが移すとは…)
・よってふつうでは知れることはないと思 うのですが,戸籍謄本を見られたら困りますね。ご主人は,ご両親の戸籍謄本には,婚姻により新戸籍編製と表示されていると思いますので(結婚の事実は知れる),何かの機会に戸籍謄本を取るようなことがあればだめですね。旅券の更新には不要ですが,新規申請には必要です。住宅をローンを組んで購入するときですとか,相続が発生したときには使いますので,注意が必要です。しかし,一生戸籍謄本を取り寄せることはないということはあり得ないので,いつかは必ず知られることになりますから,そこはご覚悟なさる必要があります。

2.次に,あなたが妊娠なさって退職された際に,税金がどうなるのかについて。
・パート程度の仕事しかしない通常の主婦は,その収入が103万円以内であれば配偶者控除の対象となり,130万円以内ならば健保も年金も夫に従属となるため,税金は一緒の形態になりますし,それが合理的ですので,ふつうはそうされています。
・しかし,あなたとご主人が,同じ住所に居住しないか,居住しても世帯分離をしておけば,住民税等は別々に扱われます。また,健康保険はご主人のと同じではなく,ご自身で国保に加入し,年金も国 民年金に単独で加入します。出産の際は,市区町村の国保加入者の立場で出産一時金を受け取ります。ご主人にはたとえ年末調整等があっても,家族について申告せず,配偶者控除の欄など書かないようにしてもらいます。出産後も,ご主人の方では,子を扶養家族として書いたりしないようにする。子供の住民登録は,母親であるあなたの世帯とする。基本的に,シングルマザーの場合と同じように公的な手続をなさっておけばよいと思うんですね。
・以上のような方法で,お姑さんには,妊娠・出産・退職の線から知られることは避けられると思われますよ。それゆえ,子供がかなり大きくなるまでは,問題なく過ごせるはずです。

3.反対されたけれども,親に内緒で結婚するというのは私の周りの友人などにも多くいます。かえって,夫婦の絆は他より強いようにも見えます。個人的な話ですが,私の両親もそうでしたし,私自身もある意味そうでした。ですが,ほとんどの場合(といいますか100%),いつかかならず親とは和解するものです。親の方が,二人を夫婦であると認めてきます。ですので,それまでの辛抱ですね。お姑さんお舅さんが,戸籍謄本を使わない限りは大丈夫だと思いますよ。

bengoshimailmeをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問