JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 税理士,弁護士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 818
経験:  税理士,弁護士です。
60911264
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

現在住宅ローンを返済中の名義を息子にすることは可能ですか?名義は自分と親の名義です。

解決済みの質問:

現在住宅ローンを返済中の名義を息子にすることは可能ですか?名義は自分と親の名義です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士ですが,ご質問にお答えしようと思います。

あなたと親御さん名義の不動産でローン返済中のものの登記名義を,あなたの単独所有の登記名義に変えたい,ということだろうと思います。
登記名義の変更には,移転登記をする原因となる法律関係を証明する文書を示す必要がありますので,
今回の場合は,贈与ということになると思いますので,,当該物件の親御さんの共有持ち分につき,あなたへ贈与する,という贈与契約書を作成する必要があります。

それから,贈与税を考える必要もありますね。今回の場合は,不動産の現時点での評価額(「路線価」で大丈夫です。これはインターネットで調べれば判明します)から,ローンの残債を引いた価格に親御さんの持ち分割合を掛けたもの(からさらに贈与税の基礎控除額110万円を引いた額)に対してかかります。
 (評価額ーローン残債)×親御さん持ち分/(親御さん持ち分+あなた持ち分)ー110万円
  に税金がかかるということです。
不動産の購入代金よりも,路線価の方がずっと低いはずですから,贈与税の対象となる価格はそれほど高額ではないと思われますので心配ないと思います。

登記と税の点は良いとして,まず,ローン返済中の物件の所有権を移転できるのかどうかが問題だと思います。ローンを組む際に,その不動産について金融機関が抵当権の設定を受けることになり,担保を取っていること,担保権は不動産の所有権の移転に伴って移転することから,貸し手である金融機関にデメリットがないため,通常は当該物件の所有権移転は可能です。
ただし,ローンを組んだ金融機関との契約内容によりますので,契約書を確認するか,銀行に問い合わせてみて下さい。
所有権の移転について問題なければ,あとは司法書士の先生に移転登記手続をお願いすれば大丈夫ですよ。

bengoshimailmeをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問