JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 税理士,弁護士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 818
経験:  税理士,弁護士です。
60911264
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

平成23年中に、新しく土地を取得し、家を建てました。現金で全額支払いました。 公務員です。 公務員ですので、今ま

解決済みの質問:

平成23年中に、新しく土地を取得し、家を建てました。現金で全額支払いました。
公務員です。
公務員ですので、今までは確定申告をしたことがありません。
今年の場合、確定申告の必要はあるのでしょうか。
住宅ローンを組んでいない場合は、必要ないのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士(国税庁に税理士業務の届け済み)です。こんにちは。

まだどなたからも回答がついていないようですので,ご質問から少し遅く なりましたが,私が回答しますね。

居住用の不動産を購入しただけの場合は,必ず確定申告が必要ということはありません。10年以上のローンを組んで購入した場合で,住宅ローン控除を受ける場合に,初年度のみ必要となります。
よって,貴方の場合,原則として確定申告は不要ですよ。

ただし,購入費用の半分をご両親から出してもらったが,不動産の登記名義は貴方のみということですから,購入費用をご両親から贈与されたことになりますね。そうなると,贈与税の申告が必要です。

ところが,さらに,贈与したのがご両親ですから,

1.住宅を購入するための資金の贈与で,親または祖父母からであること
2.贈与を受けた年の所得金額が1,200万円以下であること
3.贈与前5年間,自己または配偶者が住宅を所有してないこと
4.贈与を受けた年の翌年3月15日までに住宅を取得し,居住する予定(建設中なら棟上まで終了していること)
5.新築とのことですのでで床面積50㎡以上
6.過去に住宅取得資金贈与の特例を受けていないこと

の条件をみたす場合に,
住宅取得資金の贈与特例の適用がありますので,贈与税が無税となりますから(申告書が必要),下記の,
国税庁のウェブサイト,タックスアンサーの,

http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4503.htm

をよくお読みになって,申告なさって下さい。
bengoshimailmeをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問