JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 税理士,弁護士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 818
経験:  税理士,弁護士です。
60911264
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

友人に競馬専用の通帳を貸した その通帳から3000万を下ろす時に手伝った(身分証明書等) そのお金は競馬の配当金

解決済みの質問:

友人に競馬専用の通帳を貸した
その通帳から3000万を下ろす時に手伝った(身分証明書等)
そのお金は競馬の配当金
その友人のところに税務署がきた
友人は色々調べられている途中に行方をくらました
そのうち私のところに税務署がきた
友人が見つからない場合私に税金を払えとのこと
途方にくれています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
こんにちは。

弁護士です。

ご相談の状況で,税務職員が,あなたに対して,
「友人が見つからない場合あなた払え」ということには,納得できなくて当然でしょう。

理由を述べます。
・不動産について固定資産税を徴収する場合,不動産登記に基づいて,登記簿上の所有者を対象とするのは当然ですね。
  同様に,預金通帳についても,原則は口座 の名義人(通帳の所有者)が対象となると思います。
 しかしながら,登記とは異なり,口座・通帳の名義を基準としなければならないことの理由はなく,
 本件のような事情 があれば,お金の真の所有者を対象とするでしょう。
 そして,だからこそ,税務署はご友人を調べたのだろうと思います。
・あなたが口座の名義人であることがその時点でも明白であったはずなのに,貴方については調べずに,
 ご友人を調査の対象としたのには,お金の帰属につき相当の根拠=嫌疑があったからと思います。
・ご友人は,疑いが生じて調査の対象となって以降に行方をくらましています。これにより,さらに
  嫌疑は濃厚となっているはずです。
・にもかかわらず,あなた宛に,「友人が見つからない場合あなた払え」というとすれば,
 いったんあなたではなく,ご友人に生じた嫌疑であるはずが,なぜあなたにスイッチしたのか,
 通帳の名義を急に重視するようになったのか?そうだとすればそれはなぜか?
 「最初は真の所有者。お金を実際に持っているから。でもダメならば,通帳の名義人,というのは
  あまりに安易すぎるでしょう。友人が逃げたことで強まった彼への嫌疑はどうなったのか,と。

というような感じです。あなたも競馬でそれほど稼いでいたわけがないこと(例えば)など,
もっと説明,証明できるのではないですか?部分的にでも。
その上で,さらに税務署が上記のように言うようでしたら,このコメントのようなことを言って下さい。
bengoshimailmeをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問