JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 168
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

年齢63歳 〈収入〉年金8万円/月+給与20万円/月     不動産賃貸料500万円/年間

質問者の質問

年齢63歳
〈収入〉年金8万円/月+給与20万円/月
    不動産賃貸料500万円/年間     
    株式売却損250万円/年間
    以上の様な場合に確定申告による所得税はいくらになるのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  t8toshio 返答済み 5 年 前.

お世話になります。以下回答させていただきます。それぞれ所得の区分を分けてその所得の種類により所得控除というものがあります。公的年金と給与は、領収書がなくても金額に応じて所得控除がありますが、不動産賃貸料に関しては、自分で領収書等を集めて、帳簿等を作成する必要があります。

 

年金月8万円公的年金として計算します。→年96万円 雑所得0円(公的年金控除後)

給与月20万円は給与所得→年240万円 給与所得150万円(給与所得控除後)

不動産賃貸料は不動産所得→不動産所得500万円 (帳簿や経費を支払った領収書があればここから引くことができます。今回の計算上は不明のため500万円として計算します)

株式売却損→他の所得と損失を合算することはできません。確定申告により損失を3年間繰り越すことはできます。

 

上記合算すると所得金額は650万円で、所得税は79万6500円となります。他に不動産の経費があったり、医療費などの所得控除を受けるともっと税金が安くなりますので、これを最大値を考えていただければ幸いです。また国税庁のHPより確定申告を作成することができます。

 

以上 ご参考になれば幸いです。宜しくお願いいたします。

t8toshioをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専門家:  t8toshio 返答済み 5 年 前.

返信が空欄になっておりました。

また何かあれば宜しくお願いいたします。

税金 についての関連する質問