JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
07kazunに今すぐ質問する
07kazun
07kazun, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 24
経験:  大手監査法人退職後、独立開業中。
61937989
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
07kazunがオンラインで質問受付中

下の状況で手取り給与額を教えてください。基本給215900円+住宅手当3000円+通勤手当5000円+扶養手

解決済みの質問:

下の状況で手取り給与額を教えてください。


基本給215900円+住宅手当3000円+通勤手当5000円+扶養手当11000円


 上から厚生年金、社会保険、介護保険、所得税、住民税を引くと、手取り額はいくらになりますか?住所 香川県


 


どなたか早急な回答を、お願いいたします。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  07kazun 返答済み 5 年 前.

こんにちわ。公認会計士・税理士の07kazunと申します。この度は、ご投稿ありがとうございました。回答は下記のとおりです。何か不明な点等ございましたなら、お気軽にご返信ください。では、失礼いたします。

 

 

お勤めの会社が、年末調整をしている会社であり、税金は毎月の給与から天引きされている。社会保険料の給与控除額は社会保険事務所(政府管掌)への支払い分で、各種協会健保(料率は様々)でないものとして、回答いたします。

 

1.毎月の手取額は

毎月の手取り額は、月額給与額から社会保険料、所得税、住民税が差引かれた残額です。

所得税は個々人の社会保険料、家族構成から月々の源泉徴収額を算出し、毎月の給与から天引きしています。住民税は前年における所得を基に計算され、当年6月~翌年5月にかけて1/12を毎月の給与から天引きします。

また、社会保険料については、個人の標準報酬月額を決定し、これに基づき、月々の給与控除をしています。

このため、お勤め先の経理(総務)でどの様な計算をしているかが不明な状況では、正確な手取り額は分からないといえます。

*住民税は、お住まいの市町村から住民税額の決定通知書がお勤め先に送付されています。この1/12を毎月給与から控除しています。

*所得税については、社会保険料や家族構成等を基に、給与所得の源泉徴収税額表(月額表)により毎月給与からの控除額を決定しています。

*社会保険は、標準報酬月額を保険額表にあてはめ、毎月の保険料控除額を決定しています。標準報酬月額は毎年4月から6月の3か月間の合計を1/3したものです。お務め先から社会保険事務所へ届出がなされています。

 

2.概算による手取り額は

  昨年より毎月の給与額が変わっていない、今後とも変わらない、家族は、奥さま(専業主婦)のみとして、概算にて検討してみます。

 ①社会保険料

   毎月の給与額から保険額表で標準報酬額は360,000円とされます。この場合の健康保険料は16,794円、厚生年金保険料は26,992円となります。合計43,786円です。

 

 ②所得税

  源泉徴収税額表

  毎月の給与額355,900円(通勤手当は非課税のため除く)から社会保険料43,786円を控除した金額は、312,114円です。この金額と扶養親族1人を、源泉徴収税額表にあてはめると、月次の源泉徴収税額は7,080円(年末調整あり。甲欄適用)となります。

 ③住民税

   昨年の所得金額や所得控除額(社会保険料額、生命保険料額、配偶者控除額等)がわかりませんと、金額は算定できません。とりあえず、昨年も給与額が同じで、給与以外の所得なし、所得控除は社会保険料控除・配偶者控除・基礎控除のみ、配偶者のみの家族構成であるとして、住民税額(標準税率10%とする)を求めると次のとおりです。

 

   総給与額 355,900×12=4,270,800円

   給与所得控除額 4,270,800×20%+540,000=1,394,160円

   よって、給与所得額は4,270,800-1,394,160=2,876,640円

 

   所得控除額

   社会保険料控除 43,786×12=525,432円

   配偶者控除額  330,000円

   基礎控除額    330,000円

   よって合計所得控除額は1,185,432円となります。

 

 この結果、課税標準額は2,876,640円-1,185,432=1,691,000円(千円未満切り捨て)

    住民税年額は1,691,000円×10%=169,100円(均等割り数千円が加わりますが省略)

    169,100円÷12=14,091円が毎月の天引き額となります。(実際には、端数は調整されます)

 

3.結論ですが

 概算の結果は手取り295,943円となります。あくまでも概算ですので、毎月の給与明細表と照らし合わせ概算結果と大きく異なる箇所(特に住民税)については、改めてご検討下さい。

 *360,900-(43,786+7,080+14,091=295,943円

 では、失礼いたします。

質問者: 返答済み 5 年 前.

私の質問と、金額がかけはなれているようです。

 

月の税金などをひかれる前の総収入が234900円しかないので、ひかれると、200000円をきるのではないでしょうか?

 

 基本給215900円、住宅手当3000円 通勤手当5000円 扶養手当(母)11000円

です。

 そこからもろもろ、ひかれた手取り額をしりたいのです。再度お願いします。

質問者: 返答済み 5 年 前.

月の社会保険、厚生年金、所得税、住民税、介護保険が、どのくらいになるのか、しりたいです。転職先の条件なので、早めの回答お願いいたします。

専門家:  07kazun 返答済み 5 年 前.

大変失礼いたしました。エクセル上で桁ずれを起こしておりました。改めて、数値の訂正をいたしました。ご検討ください。

 

 

お勤めの会社が、年末調整をしている会社であり、税金は毎月の給与から天引きされている。社会保険料の給与控除額は社会保険事務所(政府管掌)への支払い分で、各種協会健保(料率は様々)でないものとして、回答いたします。

 

1.毎月の手取額は

毎月の手取り額は、月額給与額から社会保険料、所得税、住民税が差引かれた残額です。所得税は個々人の社会保険料、家族構成から月々の源泉徴収額を算出し、毎月の給与から天引きしています。住民税は前年における所得を基に計算され、当年6月~翌年5月にかけて1/12を毎月の給与から天引きします。また、社会保険料については、個人の標準報酬月額を決定し、これに基づき、月々の給与控除をしています。このため、お勤め先の経理(総務)でどの様な計算をしているかが不明な状況では、正確な手取り額は分からないといえます。

*住民税は、お住まいの市町村から住民税額の決定通知書がお勤め先に送付されています。この1/12を毎月給与から控除しています。

*所得税については、社会保険料や家族構成等を基に、給与所得の源泉徴収税額表(月額表)により毎月給与からの控除額を決定しています。

*社会保険は、標準報酬月額を保険額表にあてはめ、毎月の保険料控除額を決定しています。標準報酬月額は毎年4月から6月の3か月間の合計を1/3したものです。お務め先から社会保険事務所へ届出がなされています。

 

2.概算による手取り額は

  昨年より毎月の給与額が変わっていない、今後とも変わらない、家族は、奥さま(専業主婦)のみとして、概算にて検討してみます。

 ①社会保険料

   毎月の給与額から保険額表で標準報酬額は240,000円とされます。この場合の健康保険料11,196円、厚生年金保険料は17,995円となります。合計29,191円です。

 ②所得税

  源泉徴収税額表

  毎月の給与額229,900円(通勤手当は非課税のため除く)から社会保険料29,191円を控除した金額は、200,709円です。この金額と扶養親族1人を、源泉徴収税額表にあてはめると、月次の源泉徴収税額は3,080円(年末調整あり。甲欄適用)となります。

 ③住民税

   昨年の所得金額や所得控除額(社会保険料額、生命保険料額、配偶者控除額等)がわかりませんと、金額は算定できません。とりあえず、昨年も給与額が同じで、給与以外の所得なし、配偶者のみの家族構成であるとして、住民税額(標準税率10%とする)を求めると次のとおりです。

   総給与額 229,900×12=2,758,800円

   給与所得控除額 2,758,800×30%+180,000=1,007,640円

   よって、給与所得額は2,758,800-1,007,640=1,751,160円

  所得控除額

   社会保険料控除 29,191×12=350,292円

   配偶者控除額  330,000円

   基礎控除額    330,000円

  合計所得控除額は1,010,292円となります。

 よって、課税標準額は1,751,160円-1,010,292=740,000円(千円未満切り捨て)

    住民税年額は740,000円×10%=74,000円(均等割り数千円が加わりますが省略)

    74,000円÷12=6,166円が毎月の天引き額となります。(実際には、端数は調整されます)

 

3.結論ですが

 概算の結果は手取り196,463円となります。あくまでも概算ですので、毎月の給与明細表と照らし合わせ概算結果と大きく異なる箇所(特に住民税)については、改めてご検討下さい。

 *234,900-(29,191+3,080+6,166)=196,463円

 

 では、失礼いたします。

07kazunをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問