JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 税理士,弁護士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 818
経験:  税理士,弁護士です。
60911264
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

” ” FX FX

解決済みの質問:

税務署からの”お尋ね”から投資に関する問い合わせがあり、FXに関する納税義務があることを指摘されました。
店頭FXであることより、損失ー収益の相殺ができず、夫々の年間での利益から雑所得として申請が必要とのことで、そのとおりであると思いますが、FXに対する税率、しくみ(相 殺できず)に不公平感を強く感じます。
現状の要求税額に対して、納税額を何とか減額する手法等はあるのでしょうか?

また、2012年から店頭FXに対して税率・年毎の損益相殺が可能になるようですが、あくまでも対象は、
2012年以降でしょうか?それとも2012年に損失が発生した場合、2010年の利益と相殺(還付)できるのでしょうか?

最後に株式とFXの損益相殺は可能なのでしょうか?

ご教示のほど、よろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士,税理士です.

納税額を減額するとすれば,経費として認められるものを計上して申告(修正申告)することくらいですね.
必要経費の例としては
・業者への手数料(入金,取引手数料など)
・セミナーなどの参加費
・書籍などの購入費
・通信費(インターネット代・パソコン代など)
です.詳しくは税務署に相談して下さい.

お尋ねが来たということは,かなりの程度,確信を持って納税を迫る態度ですので,
大幅に減額させるのは難しいと思います.
(ご理解なさっているようですが,2012から損益相殺ができるよ うになるということは,現在は損益相殺ができない制度であり不公平感を感じる向きが多い反省に立っているわけですから,この不公平感を,現在の納税に関して主張しても,認められることはないです)

2012年から施行される改正税制について,損失の繰り越しは,2012年1月以降です.
したがって,2012年の利益との相殺はできず,還付はできません(と思われます.施行法が未了なのではっきりはわかりませんが,ふつうに考えれば還付はないでしょう.また,そもそも,繰り越しが可能なのは損失であって,利益を先延ばしにはできません).

株式とFXの損益通算は,所得の区分が異なるため,できません.これは,現在の,くりっく365の場合の話と同じです.取引所取引の場合の取り扱いに合わせてその部分を一律にしたというのが改正の趣旨です.
bengoshimailmeをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問