JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 16
経験:  dasdasd
100521332
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

今僕は大学1年生です。 税理士を目指しています。 大学の1年間は正直無駄にした気がします。

質問者の質問

今僕は大学1年生です。
税理士を目指しています。
大学の1年間は正直無駄にした気がします。
大学2年から本気で勉強して間に合うでしょうか。
税理士合格するための条件や大学院に行き免除される条件など色々教えていただきたいです。
また簿記論、財務諸表論の勉強方法や勉強時間など教えてください。
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス
専門家:  specialone 返答済み 1 月 前.

こんにちは。

「間に合うかどうか」という点では、いつまでにかがわからないので何とも言えませんが、大学院での免除も視野に入れてらっしゃるのであれば、大学の残り3年+大学院2年程度の期間は考慮されていると思います。

であれば、十分とは言いませんが、可能性は大いにあると思います。

① 受験まで

大学の必須科目を落としていると受験資格が得られなくなる可能性あります。

日商簿記1級等の試験に合格することでも受験資格が得られますが、この試験をクリアするのも大変なので、最小の労力で行きたいのであればおすすめしません。

また、どの科目も独学はおすすめできません。

大原やTACといった専門学校に通うことをおすすめします。

基本的に税理士講座は日商2級程度の知識があることを前提にされているので、まずは日商2級は取りましょう。

講座を受講させてもらえないことは無いですが、確実に授業についていけなくなるので日商2級は必須と考えていいです。

②大学院の免除

商学の大学院卒で簿記論又は財務諸表論のどちらかが免除。

法学又は経済学大学院卒で税法科目のうち2科目が免除(つまり1科目だけ合格でいい)になります。

両方卒業することで最大3科目の免除が可能ですが、費用と年数がかかります。

また、大学院の授業も決して楽ではないので注意が必要です。

どこの大学院に行くのかでも変わると思います。

③ 勉強方法

基本的には専門学校のカリキュラムに沿って行うをおすすめします。

開講時期はいくつかパターンがありますが、スタンダードなものは9月開講で6月に講座終了、6月後半から7月に直前模試で、8月に税理士試験という流れです。

直前模試以外にも4月~5月にかけて模試の期間が存在します。

授業は週に2回で1回3時間です。

6時間続けて行う講義を選択することも可能ですが、課題を定期的に消化できないのでおすすめしません。

私は大原でしたが、テキストの他に問題集もあり、ほぼ講座の中で配られるもので十分です。

外部教材も存在するので余裕があればほかの教材もやった方がいいですが、外部教材に手を出す前に通常教材の内容を全て消化した方がいいです。

学校側から1回は解き直すように言われます。

どの科目であってもそれは共通です。

講義の時間と同じくらい復習の時間(課題や問題集の解き直し)を取ることを推奨されますが、そこから計算すると全部で600時間程度はかかるはずです。

そうすると一日2時間程度ということになるのですが、個人差あります。

私の場合は1回程度の解き直しでは足りないので1000時間くらいかけています。

基本的に計算問題は試験前に詰め込むことが出来ないので、毎日コンスタントに勉強時間を取ることをおすすめします。

土日にまとめてやるとかは非効率です。

④ 合格の条件

簿記論は計算問題だけですが、財務諸表論は計算50点、理論50点です。

60点以上が合格です。

ただし、配点については一切公開されていないので、自分が何点だったのかはわかりません。

オフィシャルではありませんが、配点箇所を操作することで調整をしていると言われています。

つまり絶対評価ではなく相対評価で、概ね10~20%程度の合格者が出るようにしていると言われています。

これはどの科目も共通で、正答率が高い箇所は配点が高く、低い箇所は配点が低いと言われています。

なので、みんなができるところが出来ていないと不合格になると言われています。

採点については基準等が非公開なため、いままでの試験問題と合格者の回答から予備校側が出した結論が上記の話です。

⑤ まとめ

日商簿記の2級がまだなのであればまずそれから。

すでに日商2級については取得済みということであれば、簿記論1科目から始めてみるのがいいのではないかと思います。

大学の授業との両立になるので、2科目やることは難しいのではないかと。

3年生の時点で簿記論が合格していたのであれば、どの大学院に行くのか検討したうえで、次に受験する科目を選ぶことになると思います。

商学の大学院に行って免除を取るのであれば、財務諸表論を勉強することは無いので税法の勉強を始めればいいです。

順調に行けば大学院卒業時に科目合格まで行くことは可能です。

税理士登録するためには実務経験が必要なので、卒業と同時に税理士にはなれませんが、院の卒業と同時に試験が終わっていれば十分だと思います。

長くなってしまいましたが、お役に立ちましたでしょうか?

よろしくお願いいたします。

専門家:  specialone 返答済み 1 月 前.

失礼いたしました。

回答処理がされていなかったようです。

引き続き何かご質問あればお気軽に返信下さい。

税・ファイナンス についての関連する質問