JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ichinomiya-cptaに今すぐ質問する
ichinomiya-cpta
ichinomiya-cpta, 税理士
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 17
経験:  昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
66374304
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
ichinomiya-cptaがオンラインで質問受付中

家族構成:夫・妻・子供3人(小学生2人、幼児1人)サラリーマンの主人が一昨年末から単身赴任しております。その

質問者の質問

家族構成:夫・妻・子供3人(小学生2人、幼児1人) サラリーマンの主人が一昨年末から単身赴任しております。 そのため、引越しの際の必要経費(引越し代、賃貸契約料、家具代など)や月々の単身赴任手当(家賃に充当)、帰省の際の旅費(給与外課税支給とあります)が給与にプラスして支給されることとなり、昨年度の年収が300万円ほどアップしました。 そのため、今年度の住民税はほぼ倍額になり、児童手当も所得制限のため特例給付へと切り替えられてしまいました。 年収がアップしたと言っても、額面だけで、実際の手取り額は何らか変わっていません。 児童手当をあてにしているといったことはないのですが、何か納得出来ないものがあります。

こういった場合、そういうものとして受け入れるしかないのでしょうか。何か対策というか減額してもらうなどの方法があるのであれば教えて欲しいです。

投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス

税・ファイナンス についての関連する質問