JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士、1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP
71156846
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

60歳、独身男性です。母親が一人います。妹二人は結婚して家を出ています。私の遺産の法定相続人は母親だと思いますが、母親が

解決済みの質問:

60歳、独身男性です。母親が一人います。妹二人は結婚して家を出ています。私の遺産の法定相続人は母親だと思いますが、母親が死亡した場合は妹二人が相続人になるということでいいでしょうか?また、遺言を作成し、妹の娘(姪)ひとりを相続人とした場合、免税額はいくらになりますか?(3000万+相続人数×600万)で3600万までは免税ということでいいでしょうか?(3頭親でも?)
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス
専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFPです。
お答えいたしますのでよろしくお願いいたします。
1 ご質問者の相続人について
ご質問者様は独身とのことですので、相続人は、血族相続人の第二順位者(直系尊属)です(第1順位者子)。
お母様がご存命とのことですので、お母様が単独で相続人となります。
2 お母様の相続人
(ご質問者様がいないことを前提にします。つまり、ご質問者様、お母様の順で死亡した場合)
この場合の相続人は、血族相続人の第一順位者の子、つまり、本件では妹さんお二人となります。
3 相続税の基礎控除のついて
「遺言を作成し、妹の娘(姪)ひとりを相続人とした場合、免税額はいくらになりますか?(3000万+相続人数×600万)で3600万までは免税ということでいいでしょうか?(3頭親でも?)」についてですが、ご質問者様が、遺言を作成するということですね。これを前提に回答いたします。
相続税は、遺産分割がどうであれば、遺言がどうであれ、まず、「法定相続人」が相続をしたと仮定して税額全体を算出します。
そこで、ご質問者様が死亡した場合の相続税は、法定相続人は一人(母)で計算します。
基礎控除は、記載のとおり、3000万円+法定相続人数×600万円です。
そこで、基礎控除額は、3600万円です。
この額を超える遺産がある場合に、相続税がかかってきます。
これは、遺贈者が誰であっても関係ありません。
なお、相続税額は次をご参照下さい。
https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4155.htm(国税庁HP)
以上ご検討下さい。
fplawyerをはじめその他名の税・ファイナンスカテゴリの専門家が質問受付中

税・ファイナンス についての関連する質問