JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士、1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP
71156846
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

昨年1月に家内の母親が亡くなりましたが、家内の姉(二人姉妹)が亡くなるまで面倒を見ていました。 住んでいた土地と家

解決済みの質問:

昨年1月に家内の母親が亡くなりましたが、家内の姉(二人姉妹)が亡くなるまで面倒を見ていました。
住んでいた土地と家は、姉がそのまま引き継ぐことになり、家内は遺留分請求で家裁調停の結果、この4月に現金1500万円の相続をいたしました。
このような場合、税金はどのように対応すればよろしいでしょうか?
夫の私は、毎年年金だけの収入で、生命保険や医療費等を含め確定申告をしています。
よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス
専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFPです。
長期間回答がないようですので、お答えいたします。
よろしくお願いいたいます。
まず、本件が相続税がかかる事案であることを前提にいたします。
なお、昨年H26年の相続の場合、基礎控除として、5,000万円+法定相続人数×1000万が認められていますので、遺産総額が、この金額に収まっていれば相続税は課税されずそもそも申告は不要です。
さて、相続税は、相続時から10ヵ月以内に申告しないといけません。
これは、相続に関する調停等があっても同様で、分割していなければ未分割のまま申告します。
遺留分減殺請求があった場合、受遺者(遺留分減殺請求を受けている人)が、全遺産を取得している場合は、受遺者が相続税の申告しています。なお、遺留分減殺請求をした側も、遺言で遺産を一部すでに受け取っている場合、その受け取った範囲で、相続税申告をしておかないといけません。
遺留分減殺請求権を行使して、財産を得た側は、かりに、遺言等でわずかでも遺産を受領していて、相続税申告をしていたなら、今回の調停で得た金額ついて修正申告をすることになり、従前全く遺産の相続がなく、遺留分減殺請求で始めて遺産を得た場合は、期限後申告をすることになります。
調停を経ているとのことですから、相続時(被相続人死亡を知ったとき)からすでに10ヵ月を過ぎておられるかと思いますので、以上のような手続となります。
なお、遺留分減殺請求により、遺産が減少した受遺者は、税金を減額して欲しいとの更正請求
をすることができます。この更正請求から、1年間、遺留分請求で遺産を取得した人が修正申告等を放置した場合、税務署が課税の決定をします。
最後に、以上の申告は、所得税の申告(毎年2月から3月)と関係なく行わないといけません。また、他の所得と関係ありませんので、年金(雑所得)、医療費控除などは影響ありません。
ご検討下さい。
fplawyerをはじめその他名の税・ファイナンスカテゴリの専門家が質問受付中

税・ファイナンス についての関連する質問