JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
cosultaxに今すぐ質問する
cosultax
cosultax, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 2
経験:  ファイナンシャル・プランナー 住宅ローンアドバイザー 税務会計コンサルタント 不動産コンサルタント
82991492
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
cosultaxがオンラインで質問受付中

こんにちは、同族会社の株価評価について調べています。会計士様によって評価額が変わりますか?

解決済みの質問:

こんにちは、同族会社の株価評価について
調べています。会計士様によって評価額が変わりますか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス
専門家:  cosultax 返答済み 2 年 前.
cosultax : はじめましてを
cosultax : はじめましてり
cosultax : 結論から言いますと「変わります」。基本的な評価方法の基準などはありますが、例えば会社が不動産を所有している場合は、その不動産の評価をその専門家がいくらで評価するかによって会社の株価は変わります。また、会社の利益の状況や規模によっては類似業種比準価額法式を使うことで、評価が尚下げられる可能性があります。また、今期中にする方がいいのか、株価対策を1期した上で、来期にする方がいいのか?のアトバイスができるかも違います。また、売った方は税金が課される可能性もありますが、誰にどれだけの期間で渡すかによっても税金が掛からない方法があるかもしれません。会社の決算書を拝見しないと具体的なアドバイスはし兼ねますが、株価評価は場合によっては大きな株価・税金の差になることが少なくありません。
Customer:

はじめまして。ご回答ありがとうございます。

Customer:

>もう少し情報をご提供いただき状況を理解する必要があります。

Customer:

と返信を頂けましてありがとうございます。

同族会社の規模は中規模で私はその四分の1程を所有しており、現在はその会社の社員でもあります。

ですが、退職を希望しました所、私の所有株の売却を持ちかけられました。

そこでその会社専属の外部会計事務所様より評価額を提示されたのですが、

思っていたよりもかなり安価な評価額でしたのでこの評価額のまま発行会社に

買い取って頂くか、それとも私のほうでも評価をして頂ける会計事務所様を見つけて

交渉を行う余地があるのかを聞きしたいと思っていました。

ご回答に書いて頂いた通り発行会社の外部専属会計事務所様は

>会社の利益の状況や規模によっては類似業種比準価額法式を使っての評価額でした。

沢山書かせて頂きましたが、もし料金等発生事がありましたら、遠慮なくお伝え下さい。

またこのような事案専門の会計事務所様等をご紹介して頂けると幸いです。

それではどうぞ宜しくお願い致します。

Customer:

チャット中との事ですが、私は使い方が良くわからず、

Customer:

これはチャット応答して頂ける画面なのでしょうか?

Customer:

もし書く所等、間違っていましたらお伝え下さい。

Customer:

宜しくお願い致します。

Customer:

質問させて頂きました事柄は別料金になるのでしょうか?

Customer:

もしそのようでしたらそう伝えて頂ければ終了して再度ご質問させて頂きますが?

Customer:

後日まで回答お待ちしていますので、どうぞ宜しくお願い致します。

Customer:

私の質問よりかなり時間がたっていますが、どうされたのでしょうか?

cosultax :

返信遅くりまして失礼いたしました。その株価の評価が適正かどうかは現段階で断言しかねますが、方法の一つとして、セカンドオピニオンとして会社の株価評価を別の税理士・会計士に評価してもらい、その評価がすでに提示されたものと大差ないのであれば、現状の株価で買い取ってもらう、明らかに差があれば、交渉の材料とするのはいかがでしょうか? ただし、評価にあたっては会社の決算書や不動産を所有していれば、その不動産関係の書類等が必要になりますので、それらの書類が開示してもらえるというのが大前提になってきますが。

cosultax :

 ちなみに、いつくらいまでに話を固めなければいけなさそうでしょうか? ご存知かもしれませんが、この時期、税理士・会計士の繁忙期でもありますのでもしセカンドオピニオンを使うにしても多少お時間頂く可能性もございますので。

Customer:

回答ありがとうございます。 決定は今年中~来年早々には決めたいと思っていますので大丈夫です。

Customer:

お聞きしたいのですが、決算書や不動産関係書類は会社側は株主には開示する義務があるはずだと思いましたが違いますか?

Customer:

また、評価するにあたり他にどのような種類が必要なのでしょうか?取り寄せたいと思いますのでできれば詳しく教えて頂ければ幸いですまたそれは今期の決算書で宜しいのでしょうか?ちなみに 会社は2月決算なのでちょうど終わったところです。

Customer:

あと 会社の利益の状況や規模によっては類似業種比準価額法式を使用とありますが、この他この規模の会社の使用できる方法の可能性を教えて下さい。

Customer:

またここでの質問には限界があると思いますので、できればこういった事例に詳しい税理士・会計士事務所様などを教えて頂きたいと思いますが、もちろんこの場では無理ならば致し方ありません。

Customer:

それでは長くなりましたが何卒よろしくお願い致します。

cosultax :

ご連絡ありがとうございます。2月決算なのですね、そうなると3月以降に株の買い取りをするとなった場合は、既に会計士が提示している株価から変更になる可能性が大いにあります。株価評価は直前期の決算書で行いますので、期をまたいだら、新しい決算書で算定が必要となります。必要書類ですが、会社の決算書を見てみなければ何とも言えません。不動産があれば不動産を評価する必要がありますし、損益計算書で「非経常的な収入」に当たるものが無いか?を調べ、その内容と金額を見る必要があります。資産負債についても「前払費用」のように資産性がないもの等があれば評価しなおしになるので、まずは決算書を見てみて、評価替えが必要なものがあればその内容を確認するという流れになります。

cosultax :

 大会社でない限りは、類似業種と純資産価額方式の併用による評価をしていると思います。併用する割合などは従業員や取引金額で判定なのでそれほど主観の入る余地はありませんが、前述の不動産の評価、非経常的利益の金額、資産負債の評価替えは評価する人間によって大きく変わります。

cosultax :

さて、自社株評価に詳しい税理士をご紹介しようと思いますので、現在お客様の情報を伏せた上で、対応してもらえる提携先に打診しております。自社株評価は非常にリスクの高い業務なので、通常ですと顧問の税理士・会計士以外に頼むと100万円単位で掛かることも珍しくありませんが、ちなみにお客様の予算感でいくらくらいは今回の株価評価に支払って頂けそうでしょうか? それも加味して、ご紹介出来ればと存じます。

Customer:

こんにちは。回答ありがとうございます。 2月決算なので評価のし直しは承知しています。今期は不動産の取得などもしております。その結果の評価額は3月中旬~4月までに出ます。

Customer:

決算書は株主には開示義務がありますよね? その他どのような書類が必要ですか?

Customer:

>不動産があれば不動産を評価する必要がありますし、
これは不動産登記簿等でしょうか?
>損益計算書で
決算書に含まれてはいないのでしょうか?

決算書以外に何が必要なのか教えて下さい。

Customer:

>税理士・会計士以外に頼むと100万円

Customer:

これには驚きました!せいぜい10万円~程予定していました。知り合いにも尋ねましたが、そのくらいが相場だそうですが、、、

Customer:

>非常にリスクの高い業務

Customer:

どのようなリスクなのでしょうか?

Customer:

評価額が50万円しか違わない場合100万円の支払いですと元も子もなくなりますよね(笑い

Customer:

この価格の数字は評価額が上がって私がそれなりの報酬を受けた場合の成功報酬のようなものとは違うのですよね?

Customer:
cosultax 様が紹介して下さる方の金額が100万円単位ならば私の方で探してみますので今回は結構です。
Customer:

成功報酬のようなものでしたら話は変わりますが。。

Customer:

それでは だいたいの事は分かりました、評価に必要な書類は決算書以外具体的に何が必要なのでしょうか?

Customer:

私の方で必要書類を用意して税理士・会計士様をさがしてみます。もし、見つからなかったらまたご相談させて頂きたいと思います。

Customer:

ご親切な対応ありがとうございます。 それではよろしくお願い致します。

Customer:

何回も申し訳ありません、また急いでおりませんのでお時間のある時の回答でも結構です。

Customer:

何回もすみません、紹介して頂く際の金額の件なのですが、先ずは10万円程度で見て頂き、

Customer:

評価額がそれなりに違い、かなり上乗せできそうならばそれなりの金額を私が支払う、

Customer:

という方法は採れませんでしょうか? 思いつきですが、これができればご紹介して頂きたいと思いました。

Customer:

何卒よろしくお願い致します。

cosultax : ご連絡ありがとうございます。報酬については驚かせて失礼致しました。では、まずは10万円程度で査定を行い、その後の報酬は成功報酬で対応してもらえる提携先もございますので、打診させて頂いてもよろしいでしょうか? この時期は繁忙期なので、具体的な査定等は繁忙期明け4月以降という形になるかもしれませんが。必要書類は対応頂ける税理士の方で必要と思われる書類を事前に伝えさせます。
Customer: ご連絡ありがとうございます。
Customer: ご親切な対応ありがとうございます。
Customer: それではお願い致します。
Customer: 大変助かります。
Customer: 時期については私もその頃を希望致します。
Customer: 急いではおりませんのでお時間のある時で結構です。
Customer: それでは何卒宜しくお願い致します。
cosultax :

承知致しました。では、まずこちらで上記の金額程度で受けて頂ける税理士・会計士に打診してみて、ご紹介出来そうな良い候補が見つかり次第、ご連絡致します。その後、必要書類を私かその先生から連絡し、質問者様の方でご準備下さい。そして、税理士と質問者様の予定があうタイミングで面談・査定という流れでお願いします。

cosultax :

今は、そちらの会社も決算の締め月なのでお忙しいですよね。お忙しい中、何度もご連絡ありがとうございます。

cosultax :

せっかくのご縁ですので、なるべく良い結果になるようにと私も考えておりますので、よろしくお願いします。

Customer: お気遣い有り難う御座います。
Customer: こちらこそお忙しいところ失礼いたしました。
Customer: それではお待ち致します。
Customer:

こんにちは。お久しぶりです。上記の件その後どうなりましたでしょうか?

Customer:

できれば今月中旬に株主総会がありますのでその後にお話を進めて頂きたいのですが。

Customer:

お忙しい所失礼いたしますが、ご連絡下さるようお待ちしています。

Customer:

お忙しい所失礼します。

Customer:

来週中ぐらいに迄にご連絡頂けますでしょうか?

Customer:

この話を継続して頂けない場合でも他を当ってみたいと思っていますので

Customer:

無かったことにするのか、継続して頂けるかだけでもご連絡頂けないでしょうか?

Customer:

お忙しいと思いますので、お時間なければ多少なら待ちますので、

Customer:

その旨をご連絡頂けないでしょうか

Customer:

よろしくお願い致します。

cosultax : お世話になっております。連絡が遅くなり申し訳ありません。
cosultax : システムの関係で、最後の回答から一定期間が過ぎるとこちらからは連絡できなくなるようで、運営に解除するよう依頼し、先ほどようやく解除されました。さて、株価評価てすが、対応頂ける税理士をご紹介致します。
cosultax : 税理士法人 熊谷事務所の所長、吉岡先生に概要をお伝えしたところ、受けて下さるそうです。歴史のある事務所で株価評価の経験も豊富ですので、ご相談頂ければと思います。http://kumagai-jimusho.com/
cosultax : 「みらいクリエイトからの紹介で」と言っていただければ、概要はお伝えしていますので、多少スムーズかと存じます。
cosultax : またロックが掛かると面倒なのと、次のステップは吉岡先生にお任せしたいと思いますので、質問の終了をして頂ければと思います。今後何かあればmirai-c@outloo
cosultax : 失礼しました。mirai-c@outlook.comにご連絡頂ければ引き続き連絡は取れますので、どうぞよろしくお願いします。また、吉岡先生に一報入れておきますので、恐縮ですが、お名前だけでも伺えれば幸いです。
cosultax : 良い結果になることをお祈りしております。
Customer:

ご連絡ありがとうございます。

Customer:

お忙しい所大変失礼いたしました。

Customer:

内容の件

Customer:

とても助かります。 了解致しました。

Customer:

私の名前は榎本ともうします。お手数おかけいたしますが、その旨お伝え下さい。それではこれで終了いたします。

Customer:

長い間、いろいろ失礼をおかけ致しまして申し訳ありません。

Customer:

大変助かりました。

Customer:

誠にありがとうございます。

Customer:

では、また何かありましたらoutlook.comの方へ直接ご連絡させて頂きたいと思いますので、

Customer:

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

cosultaxをはじめその他名の税・ファイナンスカテゴリの専門家が質問受付中

税・ファイナンス についての関連する質問