JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
cosultaxに今すぐ質問する
cosultax
cosultax, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 2
経験:  ファイナンシャル・プランナー 住宅ローンアドバイザー 税務会計コンサルタント 不動産コンサルタント
82991492
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
cosultaxがオンラインで質問受付中

現在、月24日・1日8時間労働で被保険者です。 6月より旦那(被保険者)の扶養に入り、扶養内労働で働きたいと思って

解決済みの質問:

現在、月24日・1日8時間労働で被保険者です。
6月より旦那(被保険者)の扶養に入り、扶養内労働で働きたいと思っています。
1月2月3月と合計で60万近くの給与収入になります。
このままでいくと、おそらく扶養に入る頃には120万近くになる計算です。
なので、来月(3月)のシフトより、調整をしていきたいと思っているのですが、会社に対してどのような交渉が必要なのか、どういった文面が必要なのか知りたいです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス
専門家:  cosultax 返答済み 2 年 前.
cosultax : 労働条件については基本的に会社と労働者の合意事なので、役所に聞いても「会社と相談して下さい」と言われるだけだと思います。時給・日給であれば特に法律で決められた書式はありません。むしろ会社所定の書類があればそれを使用した方が社内稟議は通しやすいでしょう。その収入状況からなぜ扶養に入りたいのか? その仕事をどの程度続けたいかによりますが、基本的に会社が了承するまでお願いをするのと、扶養に入ることを優先するなら、103万円以上の所得が発生する前にシフト調整に応じないなら退職をチラつかせるなどの交渉は必要だと思います。書面で出すなら、これも法定の書式は特にありませんが、「申請書」や「勤務状況変更申請書」などのタイトルで、「出勤日数を月◯日以下にしたい」旨をお願いという形で出すといいでしょう。
cosultaxをはじめその他名の税・ファイナンスカテゴリの専門家が質問受付中

税・ファイナンス についての関連する質問