JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ichinomiya-cptaに今すぐ質問する
ichinomiya-cpta
ichinomiya-cpta, 税理士
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 17
経験:  昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
66374304
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
ichinomiya-cptaがオンラインで質問受付中

4月から大阪府の私立高校に娘が通う事になりました。公立高校が残念な結果に終わり私立へ通う事になったのですが、26年度

質問者の質問

4月から大阪府の私立高校に娘が通う事になりました。公立高校が残念な結果に終わり私立へ通う事になったのですが、26年度から大阪府の私学助成金の基準が変わり市民税の所得割額が
251000円からオーバーしてしまい助成金を受ける事が出来ないようです。昨年まででは新高1の娘の下に9才の弟がいるので、ギリギリ助成金を受ける事が出来たんですが。所得は800万円を少し越しますが、人数整理などをしていて貯金は、ほとんどありません。予約奨学生の申し込みをしていたものの奨学金は24万円までしか借りれず3年間どうやって娘を通わせようかと悩んでいます。主人のお給料から個人確定拠出年金が天引き出来るのですが、生活費が大変なため1000円だけ掛けて残りはお給料と一緒に貰っていました。この個人確定拠出年金の掛け金を最大27000円まで掛けれるそうなので、これを掛けて行けば市民税割額は来年下がる事はありますか?どのような事でも結構ですので教えて頂ければ助かります。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス

税・ファイナンス についての関連する質問