JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ichinomiya-cptaに今すぐ質問する
ichinomiya-cpta
ichinomiya-cpta, 税理士
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 17
経験:  昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
66374304
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
ichinomiya-cptaがオンラインで質問受付中

住宅取得等資金の贈与の非課税適用についてお尋ねします。平成23年に住居として中古マンションを購入しました。この時自己

質問者の質問

住宅取得等資金の贈与の非課税適用についてお尋ねします。平成23年に住居として中古マンションを購入しました。この時自己資金は購入資金の半分で残りは父が用意してくれ、従って登記は持分2分の1づつになっています。この父の持分2分の1を上記の適用を受けて生前贈与をしておこう、と父が提案してくれていますが、適用がうけられるか、をお尋ねします。なお、今年25年度では準備不足のため、来年26年度分で贈与税の申告をしようと思っていますが、非課税額は一般住宅で500万円となっており、基礎控除額の110万円とあわせて610万円が非課税額となりこれを超す金額分は通常の贈与税を支払う予定でいます。これらの手続きの基礎となる制度の適用が受けられるか是非お聞かせください。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス
専門家:  Ryoko-Mod 返答済み 3 年 前.
質問をご投稿いただきありがとうございます。こちらはJustAnswerユーザーサポートです。

残念ながら、ご投稿の質問への回答が現時点ではまだ寄せられていないため、質問の優先順位を上げております。また、質問内容が明瞭かや、ご設定の質問料金が適切かなども再度ご確認ください。

税・ファイナンス についての関連する質問