JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rf1035050に今すぐ質問する
rf1035050
rf1035050, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 30
経験:  コンサルタント
72881631
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
rf1035050がオンラインで質問受付中

昨年3月に正社員の仕事を退職し4月からアルバイトで収入を得つつ個人事業主としてネットショップの開店準備を始めました。

質問者の質問

昨年3月に正社員の仕事を退職し4月からアルバイトで収入を得つつ個人事業主としてネットショップの開店準備を始めました。(同時期に"開業届"と"所得税の青色申告承認申請書"を提出しています。)
しかし実際にネットショップを開店できたのが9月、昨年の売上は1件のみで雀の涙ほどのものしかありませんでした。

この間の生活費及び経費は全て貯金やアルバイトで賄っており、昨年は正社員だった1-3月と4月以降のアルバイト代で合計270万ほどの収入を得ていました。

個人事業主としての収入はほとんどありませんでしたが、4月以降運営経費(家賃や光熱費などの一部を含む)が3,40万ほどかかっているため、この分を事業の赤字として計上し収入を少なく申告することは可能でしょうか?

また可能でない場合はどのような申告や手続き(?)が私の場合ではベストといえるでしょうか。
簿記や税金の知識があまりなく、ネットで調べても自身に当てはまる事例がなかなか見つからず質問させていただきました。
どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス
専門家:  rf1035050 返答済み 3 年 前.

回答させていただきます。

 

個人事業主として、経費等の計上が出来るかということですね?

明らかにネットショップをするための経費(出店料、HP作成費用、仕入れなど)は費用として計上できます。

問題なのは、生活費とネットショップのための費用の按分です。

按分のルールを決め、経理処理をすることが大切です。

事務所家賃は使用面積や時間帯などでの按分。

その他の経費も、面積や使用率などを定めておくと良いです。

 

準備期間、実際の出店期間、閉店の手続きなど、これらの期間がいつからいつまでなのかも明確にしておいてください。(収入がある、ないは関係ありません)

 

事業所得(赤字ですが)として、確定申告することは十分可能です。

ただし、判断するのは税務署ですので、申告書提出後、税務署から不明な部分については確認の連絡がある可能性は十分あります。

ここで、事業にかかる経費として、税務署が納得してくれればOKですし、経費として認められないこともあります。

 

確定申告がご不安であれば、アドバイスできます。

ご不明な点がありましたら、いつでもご連絡ください。

 

よろしくお願いいたします。

 

質問者: 返答済み 3 年 前.

"給与所得-経費=課税対象所得"として申告できるのか、その辺りも知りたかったです。

税・ファイナンス についての関連する質問