JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rf1035050に今すぐ質問する
rf1035050
rf1035050, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 30
経験:  コンサルタント
72881631
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
rf1035050がオンラインで質問受付中

4月から正社員としてある会社に転職が決まりました。 実は、転職先の会社に現在派遣社員であることを伝えていません。

解決済みの質問:

4月から正社員としてある会社に転職が決まりました。
実は、転職先の会社に現在派遣社員であることを伝えていません。
そこで、転職した際に前職の雇用形態が分かるのはどのような時か教えて頂けますか?
ちかみに派遣元と派遣先の会社名は異なります。
一般的に考えると、年末調整なのかなと思っています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス
専門家:  rf1035050 返答済み 3 年 前.

ご回答させていただきます。

 

転職おめでとうございます。

前職のこと、少し後ろめたいお気持ちなんでしょうか。

 

さて、新しい会社に前職の会社名がわかる手続きが2点あります。

(雇用形態は分かりませんが、雇用主は派遣会社名だと思いますので、派遣と気づかれる可能性はかなり高いと思います)

・雇用保険の手続き

・前職の源泉徴収票が必要な場合

 

雇用保険の手続きは、「雇用保険被保険者証」というものが退職時に渡されます。

これは、雇用保険番号や前職の会社名などが記載されていますので、この書類で分かってしまいます。

回避方法としては、

「前職のものはまだ会社から発行されていないため、その前の会社のものを提出する」ということです。

会社としては、雇用保険の被保険者番号がわかればいいので、そんなにこだわらないと思います。

 

また、源泉徴収票については、

「毎年年末にまとめて発行しているので、もらえない」とか、

「現在、発行してもらうように問い合わせています」とか言って回避する方法です。

最終的には、

「間に合いそうにないので、自分で確定申告します」と言えば大丈夫じゃないでしょうか?

 

また、ご質問がありましたら、いつでもご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

rf1035050をはじめその他名の税・ファイナンスカテゴリの専門家が質問受付中

税・ファイナンス についての関連する質問