JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rf1035050に今すぐ質問する
rf1035050
rf1035050, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 30
経験:  コンサルタント
72881631
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
rf1035050がオンラインで質問受付中

叔母が亡くなり不動産を相続しまして、先日売却が決まりました。この場合譲渡取得税はナンパーセントに成りますでしょうか。

質問者の質問

叔母が亡くなり不動産を相続しまして、先日売却が決まりました。この場合譲渡取得税はナンパーセントに成りますでしょうか。ちなみに、今年の9月に相続し叔母は 今年7月に亡くなり平成22年11月から老人ホームに入っていました。生涯一人でしたので、甥に当たる私が不動産を相続したわけです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス
専門家:  rf1035050 返答済み 3 年 前.

回答させていただきますね。

叔母さまのご相続とのこと、心よりご冥福申し上げます。

 

さて、譲渡所得についてですが、不動産の所有期間によって異なります。

まず、所有期間は購入の時期となりますが、相続等で引き継いだ場合はその時期を引き継ぐこととなります。

そのため、叔母さまがいつごろ取得したかが重要です。

 

短期譲渡所得の場合、今年の1月時点で所有期間が5年以下のもの。

長期譲渡所得の場合、今年の1月時点で所有期間が5年超のもの。

 

短期譲渡所得の場合であれば、 売却額-取得費(不明な場合は売却額の5%)に対して

所得税(30%)、住民税(9%)、復興特別所得税(所得税の2.1%)

 

長期譲渡所得の場合であれば、売却額-取得費(不明な場合は売却額の5%)に対して

所得税(15%)、住民税(5%)、復興特別所得税(所得税の2.1%)

 

 

ご不明な点がありましたら、いつでもご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

税・ファイナンス についての関連する質問