JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rf1035050に今すぐ質問する
rf1035050
rf1035050, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 30
経験:  コンサルタント
72881631
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
rf1035050がオンラインで質問受付中

初めまして、宜しくお願いします。 去年の12月に叔父が亡くなり、配偶者も子供も無く、兄弟7人で相続となりました。私

解決済みの質問:

初めまして、宜しくお願いします。
去年の12月に叔父が亡くなり、配偶者も子供も無く、兄弟7人で相続となりました。私は母の代襲相続です。一人当たり700万円程ですが、その場合の相続税はどうなりますか?私は主人の扶養になっておりますが、扶養から抜けますか?申告が必要でしょうか?市県民税にはかかわりますか?以上の4点、お答え頂ければ嬉しいです。何卒、宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス
専門家:  rf1035050 返答済み 4 年 前.

回答させていただきます。

 

まず、相続税がかかるかどうかについてです。

相続税は遺産の総額に対して、相続人が何人かということで計算されます。

叔父さまの場合、

5000万円+1000万円×7人=1億2千万円までは相続税は発生しません。

(法定相続人が7人として計算しています。)

一人当たり700万円程度で7人で逆算すると相続財産は5千万円弱といったところでしょうか?1億2千万円までは相続税はかかりませんので、相続税のご心配は必要ないと思われます。

 

次に、扶養の件ですが、扶養は「所得税」に関連します。

遺産を相続した場合、所得とは関係ありません。

所得ではないため、所得税にも市県民税(住民税)にも扶養にも関係しません。

相続する財産が以下のものに関連しないような現預金などであれば、ご安心いただいて大丈夫だと思います。

 

※所得税や扶養に関連するのは、以下の項目のみです。

・利子所得(社債などの利子)

・配当所得(株式の配当など)

・不動産所得(不動産の賃料収入)

・事業所得(事業から得られる収入)

・給与所得

・退職所得

・山林所得

・譲渡所得(不動産の売買などで得をした場合)

・一時所得(宝くじなど)

・雑所得(年金など)

 

 

また、分かりにくい点などありましたら、なんなりとご質問ください。

よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 4 年 前.
税務署に申告の必要は無いのでしょうか?
故人が持っていた土地を相続人の代表が名義変更をした上で売却して、預貯金とあわせて分割したのですが・・
専門家:  rf1035050 返答済み 4 年 前.

早速、ご返信いただきまして、ありがとうございました。

 

税務署への申告は、相続税が発生する場合などで、今回のケースであれば、相続税が発生しませんので申告は不要です。

 

また、不動産を売却した後の現金等を分割したとのことですので、所得税や扶養についても、何の問題もございません。

 

ご安心いただければと思います。

質問者: 返答済み 4 年 前.
色々な質問に明確にお答え頂き、本当にありがとうございました。
専門家:  rf1035050 返答済み 4 年 前.

こちらこそ、ありがとうございました。

 

相続税と所得税(扶養控除など)については、税務署

住民税(市県民税)については、市町村役場

社会保険(扶養)については、ご主人のお勤め先

が確認先となります。

 

所得税に影響がないため、住民税や社会保険の扶養にも影響がありませんが、ねんのため。

 

また、ご質問がありましたら、いつでもご連絡ください。

rf1035050をはじめその他名の税・ファイナンスカテゴリの専門家が質問受付中

税・ファイナンス についての関連する質問