JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AFP01に今すぐ質問する
AFP01
AFP01, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 60
経験:  sada
73400448
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
AFP01がオンラインで質問受付中

現在暮らしている土地についての質問です、よろしくお願いします。 土地名義は亡き母です、建物は自分名義です、65歳で

解決済みの質問:

現在暮らしている土地についての質問です、よろしくお願いします。
土地名義は亡き母です、建物は自分名義です、65歳です先々を考慮し
長女に土地名義を変更しようと思っています、贈与税うんぬん等を考えると
実行に踏み切れません実際の贈与税とは何%位を計算するのでしょうか?
ちなみに93平米の土地になります。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス
専門家:  AFP01 返答済み 4 年 前.

はじめまして。AFP01です。ファイナンシャルプランナー技能士・AFP登録者です。

 現行法上では通常の相続(お母様から相談者様へ)で登記を行うということにすれば、贈与税を考慮する必要がありません。相続税は基礎控除枠が大きく、5000万円+法定相続人の数×1000万円を超えたところにかかってくるので、お母さんがよほど高額の遺産を残したものでない限り、一般の人が払うことはないのです。同様のことは相談者様から娘さんにたいして相続を行う段階においてもいえるので、あとは相続税の計算対象となる不動産の評価額次第です。

 ちなみに贈与税の計算の場合は、以下の式です。

 (不動産評価額-110万円)×税率-控除額

 その税率は下線部の金額がいくらであるかによって変わってきますが、結構高額ですので、通常の相続法を行った方がシンプルであり、税もほとんどかからないかと存じます。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/05_3.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

わかりやすさを信条として書かせていただいております。評価の方もよろしくお願いいたします。

AFP01をはじめその他名の税・ファイナンスカテゴリの専門家が質問受付中

税・ファイナンス についての関連する質問