JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun,
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 2272
67942392
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

4月28日に父が亡くなりました。家族構成は母(父と同居)、長男(すでに他界)、次男の私(別居で配偶者なし)、長男の嫁

質問者の質問

4月28日に父が亡くなりまし た。家族構成は母(父と同居)、長男(すでに他界)、次男の私(別居で配偶者なし)、長男の嫁(父、母とは別居)、長男嫁の娘(3歳)で、司法書士の先生にお願いし、母のみ相続で私と孫は相続いたしません(書類はまだ出来ておりませんが嫁は同意しています。)土地建物の評価額は300万円程度ですが、父の銀行預金が4500万円ほどあり、現在の母の預金と合算すれば6400万円となります。この場合、6000万円を超えるので、税金がかかるのかということと、母名義の預金をおろして6000万円未満にしてもよいのかをよろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。


今回はお母様のみの相続ということであり、特別な控除があります。
1億6000万円までは非課税となりますので、質問者者様のケースでは税金がかかりません。

税金の控除を受けるには、申告する必要がありますので、以下のサイトを参考にしてください。

参考:http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4158.htm
質問者: 返答済み 4 年 前.


ありがとうございます。母名義の預金をおろして6000万円未満にすることを今行ってもよいかについてもご回答お願い致します。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
それは問題ないです。お母様名義の預金をおろすことは自由です。
shihoushoshikun,
満足したユーザー: 2272
経験: 
shihoushoshikunをはじめその他名の税・ファイナンスカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

お世話になります。不明点があり返答致します。父の遺産が預金4500万円+土地建物300万円合計4800万円ですので、配偶者の税額の軽減制度の対象となるのでしょうか。母名義の預貯金は1600万円あり、合算すれば6400万円となりますがどうでしょうか。又、配偶者の税額の軽減制度の書類を司法書士の先生に依頼することは可能でしょうか。何度もすみません。

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:その他.
急ぎのため
専門家:  AFP01 返答済み 4 年 前.

失礼します、御客様。外にスレッドを立てられていますが、ファイナンシャルプランナーとしてそちらに答えました。そちらをご覧ください。

税・ファイナンス についての関連する質問