JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 748
経験:  独立系FP事務所
62985828
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

株と金銭の貸し借りについて 東京で会社を経営している友人が、海外へ事業を進める目的もあり、さらなる資金繰りのため 個人的に株をしています。 株に自信があるようで、利益

解決済みの質問:

株と金銭の貸し借りについて

東京で会社を経営している友人が、海外へ事業を進める目的もあり、さらなる資金繰りのため
個人的に株をしています。

株に自信があるようで、利益は幾度も出ているようです。もちろん損も。
また、業界では?有名な投資家の女性(私は存じ上げていません)とも交際があり、株にはとにかく自信があるようです。

そこで、仕事が極めて多忙な友人に頼まれたことがあり、
1000万わたすから、(借用書は書くとのこと)
指定した株をいくつ買ってとか売ってとか
1日数回~指示するのでパソコンで操作だけをしてほしいといわれました。
私が株の知識が皆無にちかいので、パソコンで売り買いの操作のみをしてもらうだけでいいと。

そこで利益がでれば、お手伝いとしていくらか渡してくれるようです。
利益がでず、赤字になっても、その差は私に請求しないとのことです。


借用書を書いたり、税金がどうなるかとかもわからないですし、

先にのべた有名な投資家の女性にも同様のことをお願いしているそうです、
報酬金を減らしたいし、目上の方なのでときどき指示がしにくいから、信頼のある私にしてもらおおうとおもっているそうです。
私は母子家庭なので、その友人は少しでも生活の足しになるでしょうとも。。

どうおもわれますか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

借用書を書いて相手に渡すのと引き換えに1000万円を預かって、ご友人の指示に従いパソコンで株の売買の操作のみを行うということですね。

 

ご友人との信頼関係ができており赤字になっても負担する必要は無いとの約束であれば大丈夫とも思えますが、ご友人だからこそお金の関係でもめてしまうのは悲しいことですし、高額なお金を預かることにより、それに応じた責任を負うことになる覚悟が必要です。
たとえばご友人から今すぐ売買しろという指示があったときに、あなたの側でやむをえない事情があって指示に従えなかったり、指示の連絡が取れなかった場合に、それによりご友人が失った利益については責任を取ってくれと言われないでしょうか。
パソコンのトラブルがあったときはどうでしょうか。単純な操作ミスを絶対にしないという自信はありますか。
そういった部分まで細かく約束をしておかないと、金額が多ければ多いほど後で揉め事になってしまう可能性は高いです。
片手間のお手伝いという感覚で預かるにはちょっと高額すぎるお金だとお思います。

 

少なくとも、お金を借りてもいないのに借用書を書くのは絶対に止めましょう。それはとても危険な行為です。
実際にお金を借りているわけではなくても、なんらかの事情でその借用書が他人の手に渡ったりした場合に、それをもとに裁判など起こされてしまえば対応すること自体が非常に大変ですし、借用書という証拠により負けてしまうこともあり得るのです。
もしお金を預かってお手伝いをするにしても、預かるということを明記してどの程度の責任を負うのか、あるいは負わなくていいのかということもきちん書面にしておいた方が良いですよ。

AEをはじめその他名の税・ファイナンスカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

借用書とは別に、預かった、という主旨の書式で細かいところまで表記すべきとのことですね


?税金面や、指示されたときに操作できない事由が発生したら実際にどんな形態で訴えられたりするのでしょうか?

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

別に作るのではなくて、借用書は作らない、預かったという書面を作りその中で責任の範囲を明確にしておくということです。

利益が出たときにいくらかもらうという形であれば、その収入は雑所得として申告が必要になるでしょう。

 

今回のお話のような事務を依頼し引き受けることを法律的には(準)委任契約といい、引き受けた方は相手に損害を与えないように十分に注意する契約上の義務を負います。
故意または過失によりこの義務に違反し相手に損害が生じれば、その損害を賠償しなければなりません。
たとえば、朝10時に1000万円分の株式を売却するよう指示しようとしたところあなたが寝坊して指示を受けられず、売却が11時になってしまった結果800万円でしか売れなくなってしまった場合、指示通りに売却していれば得られたはずの差額200万円を損害として請求される可能性がある、ということです。

税・ファイナンス についての関連する質問