JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rf1035050に今すぐ質問する
rf1035050
rf1035050, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 30
経験:  コンサルタント
72881631
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
rf1035050がオンラインで質問受付中

該当するカテゴリが見つからなかったので、ここへ投稿します。昨年夏に脳腫瘍のため休職し、手術・治療を受けましたが退院は

解決済みの質問:

該当するカテゴリが見つからなかったので、ここへ投稿します。昨年夏に脳腫瘍のため休職し、手術・治療を受けましたが退院はしたものの未だに完治していないため復職できる見通しが立っていません。こういう場合に何か公的支援(難病認定や身体障害など)を受ける方法はありますか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス
専門家:  rf1035050 返答済み 4 年 前.

DE10-1032様

初めまして。

 

大変な思いをされていると、心中お察し申し上げます。

これからの生活や治療など、お金の問題は切実だと思います。

 

相談者様の病状などが分かりかねますが、お金の相談については病院のソーシャルワーカーが相談にのってくれます。特に、病状に応じての支援であれば、ソーシャルワーカーに聞けば、いろいろと親身に相談に乗ってもらえると思います。

 

また、現在、休職中とのことですが、傷病手当金の請求はされていますでしょうか?1年6か月までもらうことができます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

始めは病休していましたが、期間が長くなったため給料が半額に減らされ、その期間(約2ヶ月)は半減された給料と本来、支給される傷病手当金の満額(給料の2/3)との差額が支給されていました。ところが、さらに病休期間が長引いたため、休職を回避できなくなってしまいました。休職は3年までできますが、始めの一年間は給料の8割が支給されるため、現在は傷病手当金は支給されていません。今後、さらに休職が長引いて一年を超えた場合、給料はゼロになるのですが、その場合は傷病手当金の支給は受けられるのでしょうか?


また、その期間は既に傷病手当金の支給を受けた2ヶ月を引いた1年4ヶ月ということになるのでしょうか?


以上、よろしくお願いします。


 

専門家:  rf1035050 返答済み 4 年 前.

傷病手当金は、支給開始の日から1年6ヶ月間ということになります。

仮に、

当初2カ月(待機期間3日間除く)   給料50% → 傷病手当金 給料の30%(80%-50%)

3ヶ月目~1年2か月          給料80% → 傷病手当金 0%

1年3カ月~1年6カ月         給料0%  → 傷病手当金 80%

1年7カ月~               給料0%  → 傷病手当金 支給なし(支給開始から1年6カ月を超えるため)

rf1035050をはじめその他名の税・ファイナンスカテゴリの専門家が質問受付中

税・ファイナンス についての関連する質問