JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tatsunoko1952に今すぐ質問する
tatsunoko1952
tatsunoko1952, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 34
経験:  1974年大学卒業後商社入社。 2012年3月退職
65459328
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
tatsunoko1952がオンラインで質問受付中

同居についての質問があるのですが、どのように質問したらよいのかわかりません。 このまま質問事項を記載すればよろしい

質問者の質問

同居についての質問があるのですが、どのように質問したらよいのかわかりません。
このまま質問事項を記載すればよろしいのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス
専門家:  tatsunoko1952 返答済み 4 年 前.
ご質問有難うございます。
これが正しいという回答はありません。ご質問者の家計から支払う生活費をいくらとするかは、あくまでも同居するご両親との合意で決めるべき問題かと思いますが、以下の点を整理した上で、話し合いをされては如何でしょうか。(理想は、同居はしているが食費・雑費等を含む親の生活費とご質問者家庭の生活費を明確に分けれられば良いのですが、実態としては難しいのである程度納得の行く負担割合を決めたいという事ですね)


①それぞれの家計が共同で使用 する「食費」「高熱水道費」等が同居前、同居後でどの
 程度増減したかをを整理してみる。
②土地はご主人の名義でローンもご主人が支払い、建物は義父7割、ご主人3割の負担
 という事だが、仮に折半した場合どういう金額になるかを計算してみる。(多分土地
 のローンが高額になると思われるので、ご主人の負担は折半した金額より高くなる
 はず。この分は生活費負担額を決める際に考慮して貰うべきでしょう)
③食費についてもご質問者、ご主人とも自宅で食事をする回数が月の半分にも満たない
 のであれば、毎月の食費に占めるご質問者家庭の食費割合もそれほど多くないと思われ ます。)

あまり数字を羅列しての話し合いは感情的なしこりを残しかねませんので、その点は柔軟に対応されたら良いかと思います。
また、ご質問者とご両親が話し合われるより、実の親子であるご主人とご両親とで率直
に話し合われた方が、スムーズに解決するかも知れません。
以上参考になりましたでしょうか。 
 
  

税・ファイナンス についての関連する質問