JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tatsunoko1952に今すぐ質問する
tatsunoko1952
tatsunoko1952, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 34
経験:  1974年大学卒業後商社入社。 2012年3月退職
65459328
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
tatsunoko1952がオンラインで質問受付中

お世話になっております。○○と申します。現在、住宅ローンを完済し、銀行預金が、わたくし、妻、長男、次男とで分散し

質問者の質問

お世話になっております。○○と申します。 現在、住宅ローンを完済し、銀行預金が、わたくし、妻、長男、次男とで分散し(1000万までは保障されるの為) 合計2400万ほど、あります。 ただ、今後、どうなるかわかりませんが、インフレに、振れるとも限りませんので、 わたくしの預金のうち、300万円でも、ゴールドにしておいた(株式、外貨などでもいいですが)方が、 いいと思いますが、いかがお考えですか。(もちろん最終判断しましたら、わたくしの責任です) 宜しくご教授くださいませ。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス
専門家:  tatsunoko1952 返答済み 4 年 前.
ご質問有難うございます。
資産運用に関しては個々人の判断基準が異なり、一概にどういう運用がベストとは言い切れません。FP (ファイナンシャルプランナー)という立場で以下コメントしますので、ご参考になりましたら幸いです。

①現在日本における個人金融資産は1、500兆円と言われています。この額から債務や個人
 事業主の事業資産を差し引いても470兆円弱の資産があると言われておりますが、大部 分が現預金であるという実態があります。
②リーマンショック以降の株安と円高で預金や国債投資以外の資産運用は軒並み元本割れ
 を起こしているという状況の中、預金で運用されていたというのはある意味正しい選択
 ではあります。
③一方銀行預金金利は0%に限りなく近く、現在の預金金額を2倍にするまでには数千年 かかるという現実もあり、銀行預金だけでは運用にならないという現実もあります。
④バブル崩壊以降の20年間は株価も上がらず、資産運用としての株式投資は評価が低く
 なっていますが、最近の傾向を見ると配当利回りが国債利回りを大きく上回るという
 現実もあり、株式投資が見直されている時期でもあります。
⑤株式投資は短期の利益を求めるのではなく、配当を得ながら投資先企業を応援する
 という意味もありますので、長期的観点で考えて下さい。
⑥外貨投資も現在の円高相場がいつまでも続くとは思えません。昨年日本の貿易収支が
 赤字に転落したことで、為替相場の潮目が変わったという見方もあります。その意味で は現時点で外貨を購入することも一つのチャンスかも知れません。


以上ご参考になりましでしょうか。

 

税・ファイナンス についての関連する質問