JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 748
経験:  独立系FP事務所
62985828
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

質問です。 取引銀行でリスケジュールをしてもらっている間(2013年3月まで)に仕入先に対して行う支払いで、偏頗行

質問者の質問

質問です。
取引銀行でリスケジュールをしてもらっている間(2013年3月まで)に仕入先に対して行う支払いで、偏頗行為にあたる場合が有りますでしょうか?
例えば、通常は手形での決済を資金に余裕が有って振込みにするとか、サイトの短い手形で支払うといったケースはどういう扱いになるのでしょうか?
宜しくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス
質問者: 返答済み 4 年 前.
Relist: No answer yet.
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

それでは、簡潔にお答えします。

偏頗行為というのは、債務者が支払不能になって以降に、一部の債権者に弁済をしたり担保を提供するなどの財産の減少する行為を行い他の債権者を害することを言います。
お書きになっているような、支払期日より前に代金を前倒して支払う行為も、財産を減少させる行為の1つではありますが、リスケジュールに基づく返済中であっても、その支払いが停止していないのであれば支払不能ではないので、仕入先への支払を前倒しにすることは偏頗行為にはあたらないという回答になります。

税・ファイナンス についての関連する質問