JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ichinomiya-cptaに今すぐ質問する
ichinomiya-cpta
ichinomiya-cpta, 税理士
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 105
経験:  昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
66374304
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
ichinomiya-cptaがオンラインで質問受付中

市府民税について質問です。 平成20年度の市府民税の3期と4期分135,000円を平成23年1月13日に支払いまし

解決済みの質問:

市府民税について質問です。
平成20年度の市府民税の3期と4期分135,000円を平成23年1月13日に支払いました。このとき市職員の方から延滞金はいらないので税額だけお支払いください、とのことでしたのでなんとか支払いました。ところが、今年
5月31日に【確定延滞金納付計画について】の書面が届き、役所に問い合わせましたが、延滞金は免除されていないとのことでした。私 は、この本税135,000円を支払って以降、延滞金の督促は受けておらず、いきなりの書面に驚いております。
私自身、税金の支払いに関しては、他に滞納金等はありません、納金が遅れるときは、事前相談しながら真面目に納税しているだけに非常にくやしいです。
滞納金は43,600円ですが、支払う気はありません。役所は動産を差し押さえますと言っていますが、このまま泣き寝入りでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.

 いきなりの通知で驚かれた気持ちはよくわかります。

 まず、本税135,000円を納められたときに「延滞金はいらない」と言われたことがあなたに誤解させる原因となったと思います。

 本来はその場で計算してお知らせするべきですが、計算に若干時間がかかることや、徴収の猶予等を行っている場合などは延滞金の一部が免除される場合もありますので、とりあえず本税のみ納税してもらうことは実務上よくあることです。

 したがって、担当者としては「今日のところは延滞金を除いて本税だけ納めてください。延滞金は後日通知します」というべきだったでしょう。

 しかし、その対応に苦情を申し立てることはできるかもしれませんが、確定した延滞金については納税するしかありません。

 4万円余りの滞納に、実際に差押え等の厳しい処分を行うかどうかはわかりませんが、いずれにしても税金を滞納している状態が続くわけですので、わだかまりを捨てて早期に納税されることをお勧めします。

 以上、参考としてください。

ichinomiya-cptaをはじめその他名の税・ファイナンスカテゴリの専門家が質問受付中

税・ファイナンス についての関連する質問