JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 1537
経験:  大学卒業後、地方銀行11年、大手建機メーカー本社経理部2年勤務
66125890
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

息子が、急死し、ローンや、携帯電話料金の、支払がのこっているようです。 保証人には、なっていませんが、先日、市県民

質問者の質問

息子が、急死し、ローンや、携帯電話料金の、支払がのこっているようです。
保証人には、なっていませんが、先日、市県民税は、法廷相続人が払わないと、いけないとの、書類がきましたので、年間3万円ほどですので、主人を、法廷相 続人に、して、返信しました。
ローンの方は、まだ、請求がきていませんが、携帯の方は、解約に行きましたら、払う義務は、ないが、法廷相続人は、どうなっているか、聞かれました。それについて、はっきりしたことは、いっていませんが、
残っている残高は、永遠に、請求されると、言われました。
息子の債務は、父親つまり、法廷相続人が、払わないと、いけないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。

亡くなられた方(被相続人)の債権・債務は相続人に引き継がれます。ただし、相続人が相続放棄をすると、債権も債務も全てを放棄することが出来ます。

相続する資産がなく債務しかないようでしたら、相続放棄をした方がよろしいかと存じます。

なお、ローン残高が残っている、ということですが、どのような借入なのでしょうか?

住宅ローンなどでしたら、通常は団体信用保険というものに加入していて、債務者が亡くなられたらその保険金で完済になります。

そうでなければ、借入金は相続人が相続することとなります。

相続する債務が過大で、とても相続しきれない状況でしたら、相続放棄を検討してください。行政書士や弁護士の先生にご相談されると、手続きもスムーズに進むと思います。

まずは、どれくらいの債権と債務があるのかを把握することが先決です。

質問者: 返答済み 5 年 前.

市県民税の、支払は、了承して、相続人を、主人にしましたが、他の支払までは、相続したくありません。どのようにして、放棄すればいいのかを、教えてほしいのです。

ローンは、リボ払いしている、カードローンで、おそらく10数万円と、おもわれます。

市県民税の、法廷相続人を、きめたということは、他のも、了承したことになりますか?

また、そのことは、ローン会社や、携帯会社の、知るところと、なりますか?

私は、法廷相続人なんてことも、知りませんでしたし、税金は、逃れられないものと、思って、手続きしただけです。

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

相続放棄の方法ですが、相続の開始を知った日から3か月以内に家庭裁判所に対して相続放棄の申述を行います。

必要な書類は裁判所ホームページに詳細が掲載されております。該当のページのリンクを添付いたします。

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_06_13/index.html

今回ご主人が支払った税金のお金は、ご主人のお金で支払った(息子さんの預金やお金ではないですよね?)という事であれば、相続放棄が認められる可能性が高いです。債務の一部を支払ったからといって、単純に全ての相続を了承したことにはならない判例も出ています。

息子さんの資産を使って支払いをしたとなると、財産の処分があったとみなされ、相続放棄できなくなりますが、相続人が自分の資産で為した債務の返済があったからと相続放棄を認めない、ということはないです。

家庭裁判所からは最初は「相続放棄できない可能性がある」というニュアンスの話をされるかもしれません(もちろん最終的に相続放棄の申述書が受理された、ということが確定するまでは断定的なことはいえませんので)。が、放棄の申述書が受理される可能性は判例から非常に高いです。

【結論】

法定相続人等を「知らなかった」という理由は通用しませんが、しかし上記の理由から、残りの債務は相続放棄できる可能性が相当高い、という事を回答申し上げます(裁判所が最終決定することですので、当職が断定はできませんので、ご了承ください)。

【参考判例】

福岡高等裁判所宮崎支部平成10年12月22日決定

税・ファイナンス についての関連する質問