JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 1537
経験:  大学卒業後、地方銀行11年、大手建機メーカー本社経理部2年勤務
66125890
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

AIJ問題の基金より年金を受給しているものです。基金解散を決定したと報道されました。 そこで質問なのですが、 ①

解決済みの質問:

AIJ問題の基金より年金を受給しているものです。基金解散を決定したと報道されました。
そこで質問なのですが、
①基金に26年加入しひと月あたり8万円ほど 支給されています。これが無くなるのか継続されるのですか。
②年金通知書なるものを返納し て支給が開始されたので詳細は不明ですが受給権は主張できるのですか
③基金の解散後もなんらかの方法で減額されても継続支給することができるか

年金受給3年ほどになりますので支給停止などはかなりつらいです。消えた年金ということが現実身をおびてきました。
何か方法があればお教えください。よろしくおねがいします。haryy
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。社会保険労務士です。よろしくお願いいたします。

この問題、今の段階では結論がない状況です。国会論戦で厚生労働大臣が袋叩きにあっているくらいですので。

まず受給権は財産権の一つですので、当然主張できます。

そして基金が解散した場合には企業年金連合会に移管されるのが本来の手順です。ですので、おそらく今後は連合会からの支給になる事が予想されます。

ただし、今回のように年金資産の大半が消失してしまったという事例は過去にありませんので、今の支給水準で連合会が受け入れられるかと言ったら、おそらく不可能でしょう。

そこで国会で議論されているのが、支給削減するのかしないのか、現役世代にツケを回すのか税金で穴埋めするのか、と大騒ぎをしているわけです。ただし結論が出るまでにはまだ時間が必要なようです。

ただし今の厚生労働大臣も答弁しておりますが、受給権という財産権を侵してしまうのは大問題、として支給が無くなってしまう事はなかろうかと推測します(あくまでも推測しかできません)。

まだ基金解散決定という段階ですので、ご相談者様には何の通知もなかろうかと存じますが、今後の支給について通知が来るものと思われます。

ご参考までに企業年金連合会のホームページのリンクを添付させていただきます。

http://www.pfa.or.jp/nenkin/seikyu/index.html

ご相談者様におかれましては大変心配かと存じますが、推移を見守るしかないというのが実情です。

sr_hossyをはじめその他名の税・ファイナンスカテゴリの専門家が質問受付中

税・ファイナンス についての関連する質問