JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
beallears-srに今すぐ質問する
beallears-sr
beallears-sr, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業・社会保険労務士
62487826
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
beallears-srがオンラインで質問受付中

平成23年度に両親から合計1000万の贈与を受けて住宅を取得しました。取得した住宅は築44年のものなので「特例」には

質問者の質問

平成23年度に両親から合計1000万の贈与を受けて住宅を取得しました。取得した住宅は築44年のものなので「特例」には該当しないのですが、両親から500万づつ贈与されたのですが、二人から贈与という申告もできるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス
専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.

回答させて頂きます。

 

ご質問分から推測するに

暦年贈与で申告をなさるのだと思うのですが

暦年贈与は、1月1日から12月31日までの間(暦年)に「贈与を受けた金額」が

110万円(基礎控除額)を超える場合に

贈与年の翌年2月1日から3月15日までの間に

贈与税の申告をするものですが

 

この「贈与を受けた金額」は

「贈与をした人」ではなく、「贈与を受けた人(=質問者様)」が1年間で

受けた金額の合計から基礎控除110万円を控除できるものです。

ですので、ご両親お二人から贈与を受けた場合は

500万円×2=1000万-基礎控除110万×税率=贈与税額となります。

 

ちなみに、申告の際の添付書類として

ご両親から贈与があった金額の証明は通常必要ないはずです。

税務署所定の様式(申告書)に記載するべき内容を記載すれば足ります。

 

以上、お役に立てば幸いでございます。

 

税・ファイナンス についての関連する質問