JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
07kazunに今すぐ質問する
07kazun
07kazun, 公認会計士
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 24
経験:  大手監査法人退職後、独立開業中。
61937989
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
07kazunがオンラインで質問受付中

はじめまして、河野と申します。 早速ですが、家を購入しようと思っています。 主人は、以前に離婚をしていて子供もい

解決済みの質問:

はじめまして、河野と申しま す。
早速ですが、家を購入しようと思っています。
主人は、以前に離婚をしていて子供もいます。(慰謝料と前に住んでいた家も差し上げました)
現在、私にも子供がいます。
やはり主人の名義で購入すると相続の時に前妻のお子様にも相続権があるのでしょうか?
私の名義で購入すると前妻のお子様に相続権がないのであれば、そのようにしたいのですが、現在私は仕事をしておらず、ローンなどは組めますか?または、名義は、私の名前で、主人の名前でローンを組めますか?(相続の時に、私と私の子供になるような購入方法を教えて下さい)また、所有者と名義人の違いは何ですか?
基本的な事で申し訳ありません。どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス
専門家:  07kazun 返答済み 5 年 前.

こんにちわ。公認会計士・税理士の07kazunと申します。この度は、ご投稿ありがとうございました。回答は下記のとおりです。何か不明な点等ございましたなら、お気軽にご返信ください。では、失礼いたします。

 

 

それでは順をおってご説明いたします。

まず、前妻の子供さんの相続権ですが、相続は血縁を重視しますので、あなたの子供さんと同位の相続権を持っています。従いまして、ご主人名義の財産(ローン等も含む)に対しては前妻の子供さんに相続権が認められます。

 

また、住宅ローンですが、通常、無職(パート含む)の方に対しての融資は不可能です。金融機関の融資査定は、ご本人の年収・勤続年数・見込退職金等を検討します。また、融資の際、購入住宅は融資先(銀行・信用金庫等)の抵当権が付されます。もし、名義変更をしますと、残ローンの一括返済を要求されることになるでしょう。従って、残ローンのある状況で贈与や売却は現実問題として無理と言わざるを得ません。

 

そうしますと、相続時で、なんとか、あなたとあなたの子供さんの財産にするにはどうするかですが、ご主人の遺言で、あなたの子供さんへすべてを贈与するのが良いといえます(遺言は無効とならない様、手続きを十分検討下さい 。あなたへの相続は、あなたが無くなった時、あなたの子供さんへ再相続となる為、コスト増です)。この場合、前妻の子供さんにも遺留分とういう請求権はありますが、通常の権利に比べ半減します。なお、この遺留分は、相続の事実(ご主人の死亡)を知った後、1年で時効、あるいは、知らなくても死亡後10年で時効となります。

 cf.例えば、3,000万円の住居を、遺言で、あなたの子供さんへすべて相続させた時

   法定相続人はあなた、あなたの子供、前妻の子供の3名とすると

   前妻の子供の、本来の法定相続権は3,000×1/4=750万円と計算されますが

   遺言により、請求できる遺留権は3,000×1/8=375万円と半減されます。

 

所有者と名義人の違いですが、所有者はそれ対して自己所有を主張できる者であり、それが登記(法務局)されることで、登記簿上(形式上)の名義人となるということです。通常、所有者=名義人でOKでしょう。

 最後に

 ローンが残る段階では、以上述べた遺言手続きが最善だと思われます。なお、ローンが無くなった際には、生前贈与が可能です。贈与は一般にかなり税負担が重くなりますが、配偶控除の非課税制度・相続時精算課税制度といった特例もあります。改めてご検討下さい。

また、相続・贈与については近く大改正も予定されています。ご留意ください。

では、失礼いたします。

07kazunをはじめその他名の税・ファイナンスカテゴリの専門家が質問受付中

税・ファイナンス についての関連する質問