JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
onosenanaに今すぐ質問する
onosenana
onosenana, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 13
経験:  会計事務所勤務6年
62313659
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
onosenanaがオンラインで質問受付中

【修正申告をした場合の確定申告について】 個人で建設業を13年営んでおります。 確定申告は事業をはじめた当初

解決済みの質問:

【修正申告をした場合の確定申告について】

個人で建設業を13年営んでおります。
確定申告は事業をはじめた当初のまま白色で申告していました。

税理士などには特に依頼はしていませんでしたが、昨年5月頃初めて税務調査が入りました。 最初の理由は昨年東京で工事を請け負った際、元請に倒産されてしまい2千万の貸倒金が出来てしまいました。そのため初めて赤字で申告し消費税が還付されました。その件についての調査との事でしたが帳簿の不備やらで結局過去3年間の修正申告を求められました。

建設業も景気が悪く仕事が少ない状況の中、業者の支払いのため借金をしその後税務調査でさらに数百万の税金を支払う事となりました。
今年も申告の時期が来ますので、本題の質問ですが修正申告で支払った所得税、消費税は全額申告出来るのでしょうか?
また国民保健税や事業税などはどの様に申告したらよいか初めての事で分かりません。
税務署に相談するのも気が重く分かりやすい回答を頂けますと助かります。
宜しくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス
専門家:  onosenana 返答済み 5 年 前.

経費として算入できるもの。。。消費税・個人事業税

できないもの。。。。所得税・市民税・延滞税・加算税

 

できるものは、支払った日を含む年度で経費算入します
支払っていなくても未払い計上すればその年度の経費にできますが、

帳簿の管理が必要になってきます
分割でしたら、支払った分だけその年度の経費に入れてください


国民健康保険料の追加も来ているのでしょうか?支払ったのであれば、

全額確定申告の時に社会保険料控除できます。

個人事業税は、確定申告すれば自動的に県に報告され、

納付書が送られてくるので、特にご自分で手続きする必要はありません。

 

あと、確認していただきたいのですが、

修正申告したときに、消費税・個人事業税を未払で算入済みの可能性も

ありますので、その場合は、直近(22年度分)のみ、23年度の経費としてください。

白色申告について
白色申告は、節税効果を期待できるほどの収入が無い場合は、楽で良いのですが、

帳簿の必要性がない代わりに、税務調査の際には推定で課税されることがあります。

今後は、できるだけ正しい帳簿をつけ、青色申告をすることをお勧めします。

正しい申告をすれば税務調査を恐れることもありません。

消費税を支払うまでの規模でしたら、青色白色関係なく、とにかく帳簿は

きっちり付けるべきです。


昨年は経営状態が思わしくないとのことですが、青色申告でしたら、

純損失は翌年以降3年間の繰越が認められ、また前年も青色申告であれば、

繰戻し還付も受けられます・・・・・等々、優遇措置がたくさんありますので。


ご自分で帳簿付けが難しいのであれば、税理士に依頼、

もしくは青色申告会、商工会議所に相談されるのが良いかと思います、

それらに支払う費用と、今後の節税と安心感を比べてみたら、

やはり、専門家に依頼するのがいちばんなのではないかと思います。

 

onosenanaをはじめその他名の税・ファイナンスカテゴリの専門家が質問受付中

税・ファイナンス についての関連する質問