JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
CPA榊原に今すぐ質問する
CPA榊原
CPA榊原, 公認会計士
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 8
経験:  慶応義塾大学後、大手監査法人勤務。上場企業の会計監査に従事する過程で、税務、ファイナンス等の広範な知識を獲得。
62849798
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
CPA榊原がオンラインで質問受付中

現在 65歳になり厚生年金より基本年金と加算年金の通知が届き、加算年金を一時金で受け取ろうと 考えていますが、

解決済みの質問:

現在 65歳になり厚生年金より基本年金と加算年金の通知が届き、加算年金を一時金で受け取ろうと
考えていますが、
60歳より老齢年金を受給しながら、総額280,000円以内で給料も取っています。
7月で65歳をむかえたため、給料を239,000に増やしてもらいました。
加算年金を一時金で受け取ると、今まで受け取っていた老齢年金が減ってしまうのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス
専門家:  CPA榊原 返答済み 5 年 前.

結論から申し上げますと、老齢年金は減らないと考えられます。

 

65歳以後の在職老齢厚生年金の支給停止判断基準は、

47万円を超えるか否かがポイントとなります。

ご相談者様の条件を以下のようにあてはめますと、基準額47万円を超えず

特段の問題はないかと考えられます。

 

年金本体額標準報酬月額賞与(月額)合計
177,216239,0006,700422,916<470,000

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

CPA榊原をはじめその他名の税・ファイナンスカテゴリの専門家が質問受付中

税・ファイナンス についての関連する質問