JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
9circleに今すぐ質問する
9circle
9circle, 二級自動車整備士
カテゴリ: スズキ
満足したユーザー: 590
経験:  公共職業訓練後、二級自動車整備士、自動車検査員資格取得、現在認証工場勤務。国内外の自動車修理全般に携わってます。
67477856
ここに スズキ に関する質問を入力してください。
9circleがオンラインで質問受付中

H18年式エブリターボにのってますが、1年程前から加速しようとアクセルを踏むと、リミッターが 効いたようにガクガク

解決済みの質問:

H18年式エブリターボにのってますが、1年程前から加速しようとアクセルを踏むと、リミッターが
効いたようにガクガクしてスピードが上がりません。
サージタンクの圧力不足だと友人から聞きましたが、そうなのでしょうか?
またそれと同時にオイル減りもシ始め、3Lのオイルが2か月ほどでオイルランプが点くくらいまで
減ります。
オイル減りはともかく、ガクガクの原因と修理費を教えてください。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: スズキ
専門家:  9circle 返答済み 2 年 前.
はじめまして。自動車整備士の9circleと申します。

ご質問内容を拝見し、大変お困りのこととお察しいたします。
少しでもお役に立てればと思い、投稿させていただきました。

加速時にガクガクとなる原因はターボチャージャーの過給不足と考えます。
オイル消費の原因もターボチャージャーの軸から燃焼室や排気管へ排出されているのが原因だと思います。

ターボチャージャーは新品交換15万円~20万円。

ターボチャージャーが不調に陥る場合は、エンジンオイルの交換管理が適切に行われていないことが多く、エンジン本体もオーバーホールかリビルトエンジンへの換装をお勧めする場合がございます。その場合約20~30万円の加算になります。

ご参考になさってください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

H26・2月に車検でしたが、それ以降調子が悪く翌々月の4月から現症状が

おきてます。 アクセルを踏んだ際に一番ガクガクするのは3000~4500回転で、5000回転からレブリミッターまではスムーズに回ります。

坂道も、いままで4速で登れていた所も3速に落とさないと登れません。

加速の際、ゆっくりアクセルを踏んでいくとスムーズに吹け上がる時もあります。

ターボタイマーでアフターアイドルもしっかりしてます。 その2月の車検時のオイル交換に、1回だけ15000Km走行後のオイル交換でした。

やはりターボチャージャーの不具合でしょうか?

地元のスズキに聞いても、調べないとわからないが多分サージタンクの圧力不足が考えられると言うことでしたが・・・

専門家:  9circle 返答済み 2 年 前.
お返事ありがとうございます。

外部診断機を接続してサージタンク圧力をリアルタイムでデータモニターできます。

ターボチャージャーの不良の可能性が高いですが、確実な診断のためにはサージタンク圧をモニターし、過給圧に大きな落ち込みがないかを確認する必要があります。

よろしくお願いします。
9circleをはじめその他名のスズキカテゴリの専門家が質問受付中

スズキ についての関連する質問