JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
massa2011に今すぐ質問する
massa2011
massa2011, 一級自動車整備士
カテゴリ: スズキ
満足したユーザー: 16
経験:  アフリカで自動車整備教えてます。
61400165
ここに スズキ に関する質問を入力してください。
massa2011がオンラインで質問受付中

2008年式2.4ヘリーハンセンに乗っています。走行中ブルブル振動することがあります。 主に30~60km/hくら

解決済みの質問:

2008年式2.4ヘリーハンセンに乗っています。走行中ブルブル振動することがあります。
主に30~60km/hくらいで一定のスピードで走っていると震えます。
また、ブルッと短時間で終わる事もあれば15秒ほど続くこともあります。
ディーラ ーに相談しプロペラシャフトを交換してもらいました。
直ったと思っていたのですが1月もしない内に再発し、日々悪化していきます。
このような現象は他車ではなかったのですが、この車の特性なのでしょうか?
白線などのはみ出し注意の振動に似ていてとても不快です。
よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: スズキ
専門家:  massa2011 返答済み 5 年 前.

u5qchpxwさんはじめまして。不具合内容が振動とのことで何かアドバイスをするということは難しいのですが、私の経験から申し上げます。エスクードに限らずスズキの車両は特に4WD車の場合u5qchpxwさんの様な申し出があり、プロペラシャフトを交換したこともあります。これで改善される 場合がほとんどだったのですが、やはりなかなか思うように改善できなかった事もありました。プロペラシャフトにはそれぞれギヤボックス側とリヤのデフ側にユニバーサルジョイントと言われる(関節のように可動する部品)が付いておりこれによってプロペラシャフトの角度(凹凸路走行時や軽積時やフル乗車時など車体の姿勢に変化があった時)が変わってもスムーズに回転を伝えています。また同時にそのジョイントでプロペラシャフトの前後で振動を互いに打ち消しまたシャフト自体にもバランスをとるために錘が付いています。これらの作用により振動するのを防いでいるのですが、通常はジョイントの部分にガタがあったり、動きが重かったりシャフトに付いている錘がとれる、もしくは下回りをぶつけるなどして曲がらないかぎりは振動はしなはずなのですがタイヤを含め回転している部品や装置に関節的ではあるのですが連結されているので微妙な角度の違い(製造のバラツキ含め)によっては上手く吸収できない、もしくは他の部分の振動を拾っているため特定の範囲でそれぞれ共振 し室内に振動として入ってくるというのが私の見解でした。ディーラーで点検や交換作業されているので実際に点検したかたの判断にはかなわないのですが、一度交換され短期間でもなにかしら変化があったようなのでプロペラシャフトあたりが発生源、または伝達経路だと思われるのですが日に日に悪くなっているとのことですので再度組み直して見る(位相をずらすと言うのですが)と後ろのデファレンシャルと言われる部品の固定ボルトや足まわりのボルトを緩め再度締め付けて見ると言った作業やタイヤのバランスとタイヤとホイールの組みつけ位置をずらしてみると言った事をやってみるのも改善のための方法です。ただ試運転等しながら改善されているか確認しながらするので時間は掛るのですが。またホイールアライメントの兼ね合いもあるので(アライメントがくるっているとタイヤやその周辺の部品に無理な力が掛るのでこれもまた振動の要因になる)4輪のアライメントも点検されるのがベストかと。このような作業でかなり改善された事もあります。同じ車種すべてに同じ不具合が出るとも限らないのですがただかなり気になりますよね?。このような事をお客様自身が提案するというのもおかしな話なのですが再度ご相談なされてみてはどうでしょうか?長文の割にはっきりとした解決策を提案することが出来なくて申し訳ありません。快適にお使いできる状態になればいいのですが。

massa2011をはじめその他名のスズキカテゴリの専門家が質問受付中

スズキ についての関連する質問